SNSに疲れたらフォーラムへ!

ヒではじまるスタイル用語:あなたのお気に入り

●ではじまるスタイル用語 : スタイル用語集 | モードの世紀 スタイル用語集
●で始まるスタイル用語 : スタイル用語集 | モードの世紀
スポンサーリンク

ヒではじまるスタイル用語

ヒではじまるスタイル用語 : ファッション用語で「~スタイル」「~ルック」「~ファッション」「~調」「~風」と称される衣装や流行について簡潔に説明しています。あなたお気に入りの衣装の特徴や流行のパターンを見つけて下さい。見出しに言語指定がない場合は英語・米語です。

ヒではじまるスタイル用語 : スタイル用語集 | モードの世紀

ヒではじまるスタイル用語 : スタイル用語集 | モードの世紀

ピエロ・ルック : pierrot look

クラウン・ルック、ピエレット・ルックとも。フランスのパントマイムの道化役者の衣装。特徴は、先端にポンポン飾りのついた三角形の長い帽子、衿の大きな襞飾り、ゆったりしたブラウスとパンツ。女性役者はピエレットといい、そのファッションはピエレット・ルック。

ビキニ・スタイル : bikini style

ブラジャーとショーツのツーピース。身体を覆い隠す部分が極端に小さい水着。ビキニ自体は19世紀末に使われていたが、1950年代に露出度を高め、今では水着の基本形。1946年に北太平洋のビキニ島で核実験が行なわれその衝撃的な印象がビキニ出現への印象と重なったことから命名された。

ビクトリアン・スタイル : Victorian style

英国ビクトリア王朝時代(1837~1901年)をヒントにした服装。その時代に流行したクリノリン、バッスル、パフ・スリーブ、袖口のレース飾りなど草食性の高いドレスが1994年頃からミラノコレクションやパリコレクションでリバイバル、アレンジされた。腰に大きなペプラムを採ったミニスカート、大きく肩を膨らませたペプラム・ジャケットなどが代表的。

ピーコック・ファッション : peacock fashion

カーナビー・ルックとも。英国ロンドンのファッション・デザイナー、ジョン・ステファンが生んだとされる。1960年代中期、ロンドンのカーナビー・ストリートから爆発ヒットしたユニセックス風メンズ・ファッション。花柄やフリルのついた派手なシャツ、ミリタリー風ジャケット、タータン・チェック地のスリムなパンツ、長髪が基本。

ユニセックス :ルックの展開とLGBT時代から見直した特徴
ユニセックス unisex とは男女の性が結合された状態を意味し、「男女の区別がない」の意。簡単にいえば「男女兼用」。モノ・セックス(単一の性)、ノン・セックス(性無し)も同義。ユニセックス・ルックは、男女の性別を超越したファッションの総称です。

ビザンチン・スタイル : Byzantine style

東ローマ帝国支配下に見られた芸術様式ビザンチンをヒントにした衣装。バルダメンタムとよばれる台形の衣服が典型で、左右にタブリオンという四角の装飾板がつけられ、右肩を金属で留めたものや、ダルマティカというチュニック型のものがある。一部にオリエント文化の影響からターバンやフードの付いた宗教的衣装もある。

ピーター・パン・ルック : Peter Pan look

スコットランドの作家ジェームス・バリーの小説「ピーター・パン」をヒントにした服装。翅の付いた円錐形帽子、衿先の丸いフラット・カラー、裾や袖口がギザギザにカットされた腰丈の上着、ベルト、膝丈のピッタリしたパンツが典型。アイテムはピーター・パン・ハットやピーター・パン・カラーとよばれ愛用されてきた。

ビッグ・ルック : big look

ギャザーやタックを施し布地をたっぷり使った、オフボディの大きくゆったりしたシルエットの服装の総称。1970年代中頃から普及し、ギャザーを入れたフォークロア調ペチコート、ビッグ・ストール、マキシ・コートなどが主な衣服。テント・ラインのコートやワンピース、そしてレイヤード・ルックなどがこの区分に入る。

ヒッピー・ルック : hippie look

1967年頃に米国を中心に行なった反体制派・自然賛美派の若年層(ヒッピー)たちの服装。体制社会に目を背け自然を求めて集団生活や自己殻に籠ってしまったために非生産的・快楽主義的な行為が目立った。野外生活を中心とするのでヒッピーたちの毛は伸び、このルックスは長髪・髭・ジーンズをトレードマークにした。

Amazon.co.jp: ヒッピー: ファッション
ファッション の優れたセレクションでオンラインショッピング。

あなたのお気に入りを探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php