モード史を知るためのマストブック

ラ行・ワ行のシルエット

シルエットの無料画像です。ブランデンブルク門の夕焼けがシルエットを作っています。 シルエット
Brigitte WernerによるPixabayからの画像
この記事は約2分で読めます。

リキッド・エー・ライン:liquid A line

リキッド(液体)のように流れるようにソフトで軽やかなエー・ライン。1993年頃から目立ってきたロング・アンド・ナロー・ラインの一種。

リーニュ・ポワソン:ligne poisson

魚(ポワソン)のラインを意味するフランス語。魚の形に似せたシルエットで、英語のマーメード・ラインと同じ。ウエストをフィットし、ヒップを強く張ったボディ・コンシャス型のシルエットで、膝下あたりからギャザーやフレアやタックなどを使って尾ひれのように広がる。

ルダンゴト・シルエット:redingote silhouette

乗馬用コートのルダンゴに見られるシルエット。ウエストがくびれ、そこにフレアが入り、裾にむかって広がるライン。プリンセス・ラインに近いが、本来は男子用コートに使われたシルエットなので、ふつうウエストの絞りはプリンセス・ラインほど細くない。英語でレディンゴト・シルエット(redingote silhouette)。

レクタンギュラー・ライン:rectangular line

レクタンギュラー(長方形)のシルエット。

レングシー・ライン:lengthy line

全体にレングシーに(長く)みえるシルエット。近年のヨーロッパ調のメンズ・スーツなどにみられ、細めの肩幅からすんなりと長くのびた上着や、ストレート・ラインのパンツによって構成される。1980年代に流行したワイド・ショルダー一辺倒を打開しようと登場。逆にレングシー一辺倒になったが。

ロング・アンド・チューブ・ライン:long & tube line

身体全体にまとわりつくような長めの筒状シルエット。1991年頃から注目され、ほっそりしたロング・ドレスやフル・レングスのスカートなどに用いられる。スリム・ラインと同義。

ロング・アンド・ナロー・ライン:long & narrow line

ほっそりとした長いシルエット。ロング・アンド・チューブ・ラインよりも細いのを指すことが多い。1990年代前半のファッションの1方向。ストロー・ラインやスティック・ラインとも。

ロング・トルソー・ライン:long torso line

イタリア語のトルソー(人体の胴部)から、目立つ胴長シルエットのこと。身頃が身体に沿って、ヒップ丈やフィンガー・チップ・レングスまで続くローウストのシルエット。緩みをもっている。

ワイ・ライン:Y line

アルファベットのY字形のシルエット。広めにとった肩からのラインがウエストで急に絞られ、そのまま細くてストレート・ラインのパンツやスカートに続く。

お気に入りを探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php