新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

SHIHO : REBONDIR, Senshukai, Vol. 20, 2006.

ウエスト・ピンタック入りリネン・ワンピース, 2006

ウエストに入ったピン・タックは可憐な印象を与えてくれるとともに、腰まわりをすっきりと見せてくれるのがうれしい。麻素材の爽やかな着心地と、清涼感あふれる雰囲気を思う存分楽しんで。

リネンだからこそ表現できるクラス感のあるワンピース・スタイル

堅いイメージのシャツ・ワンピースも、リネン素材だから大人っぽいリラックス感が加わって。胸元のボタンを多めに開けて、パール・ネックレスや大きなバングルをつければ、リッチでグラマラスなイメージに。

waistpin tuck entering linen · one piece, 2006

Pin · tuck entering the waist gives a pretty impression, and it is nice to show the circumference of the waist neatly. Enjoy refreshing comfort of hemp material and atmosphere full of refreshing feeling.

One-piece style with a sense of class that can be expressed because of linen

A hard image shirt / dress is also a linen material, so a mature relaxing feeling is added. Open the chest button a little, put a pearl necklace or big bangle, rich and glamorous image.

腰针裥进入亚麻·一件,2006年

进入腰部的针·褶裥给人留下美好的印象,整齐地显示腰围是很好的。 享受清爽舒适的麻材料和充满清爽感觉的气氛。

带有可以用亚麻布表现的阶级感的单件式风格

一件硬的图像衬衫/衣服也是一种亚麻材料,所以增加了一种成熟的放松的感觉。 打开胸钮,放一个珍珠项链或大手镯,丰富而迷人的形象。


デイリー仕様で着こなすのが気分です

この夏は毎日ワンピース主義!

今までは、どこかスペシャルなアイテムだったワンピースも。この夏は毎日のコーディネートに取り入れて。軽やかな着こなしを楽しみたい気分!

そこで、”ルボン”では、さまざまなシーンにマッチするワンピースを準備しました。ワンピースで叶える、変幻自在の着こなしをお見せします。

photos: Kayoko Asai <image>

styling: Mariko Onishi

hear & make up: Fumahiro Kowahara <Studio V>

model:Shiho

REBONDIR, Senshukai, Vol. 20, July, 2006.

ベルメゾンネット

モード写真集
しんいちをフォローする
Facebookでフォロー
この記事が気に入ったら最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
プロフィール
この記事を書いた人
しんいち

岩本真一(いわもと・しんいち)1970年奈良県生まれ。近畿圏の大学で経済史や社会史を教えています。アパレル産業史を研究する傍ら、ファッションに関する文化史・哲学的なサイト「モードの世紀」を運営してきました。姉妹サイトに「ミシンの世紀」、著書に『ミシンと衣服の経済史』。

しんいちをフォローする
モードの世紀

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php