新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

肌ざわりのよいもめんの服 ルリ・落合 : 婦人画報1973年05月号

肌ざわりのよいもめんの服 : 婦人画報1973年05月号。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。 モード写真集
婦人画報1973年05月号、88頁。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。
スポンサーリンク

肌ざわりのよいもめんの服 ルリ・落合 : 婦人画報1973年05月号

肌ざわりのよいもめんの服 : このページでは「婦人画報」1973年05月号に掲載された大胆な配色のドレスを紹介しています。特集は「東洋紡コットン・コレクション」、カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)によります。文章は現代文に訳してまとめています。

肌ざわりのよいもめんの服 : 婦人画報1973年05月号。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

婦人画報1973年05月号、88頁。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

上質の綿100%で織られたコットン・サッカー。さらりとした風合いでこれからの季節には着心地の良い切れ地です。赤い縞のドレスは前後とも中央で切替。大胆な縞を斜めに使った若い人向けのワンピース・ドレス。ポケットのタブとベルトは黒のレザー・クロスを使っています。

肌ざわりのよいもめんの服 : 婦人画報1973年05月号。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

婦人画報1973年05月号、89頁。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

緑の縞のドレスは幅広のウエスト・ベルト部分だけ縞を横に。上部もスカート部も緑を強調するように襞を畳み、小さなパフ・スリーブを付けたワンピース・ドレスです。紺の縞のドレスは緑の島と対照的に、ウエストの縞を縦に使ったワンピース・ドレス。使用生地はいずれも東洋紡・ブドーファンシー(市田KK・京都)

肌ざわりのよいもめんの服 : 婦人画報1973年05月号。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

婦人画報1973年05月号、90頁。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

白色と黄色。細い縞を織りだした2色のコットン・サッカーを交互に使い、ティアード(段になった)スカートのミディ・ドレス。

肌ざわりのよいもめんの服 : 婦人画報1973年05月号。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

婦人画報1973年05月号、91頁。カメラは沢渡朔、デザインはルリ・落合(落合ルリ)。

紅色のドレスは一つ前のドレスと同じ生地・同じ手法で色数を増やしたロング・ドレス。使用生地はいずれも東洋紡・ブドーファンシー(市田KK・京都)。

サッカーとは

シアー・サッカーが正式名称。生地の表面に小波(さざなみ)のようなシボを出す織り方。絹、綿、合繊が主な繊維に使われますが、とくに綿は材質と織り方が最も調和しやすく効果的です。涼しい織り方なので湿度の高いに地域では特に着心地が良くなります。

作品批評

緑の縞のドレスは腰の部分を横縞に置き換えているので、着物の帯のように見えます。この横縞はかなり上に持ってきているので、4作品ともども黄金比を十二分に反映させて脚長効果。

ハイヒール・シューズの踵の太さが縞柄の太さと合っていて、一体化しています。これはとくに1点目の赤縞ドレス作品にいえます。このモデルにかなり惚れました…。

補足

「婦人画報」今号の特集は木綿です。その一環としてこのページに紹介した落合ルリの作品も取り上げられています。きもの研究家とされる安田丈一が「木綿物語抄」と題して日本での綿花栽培の広がりを記しれていますが、16世紀の東アジア状勢を無視していてかなり情報不足。「綿花調達 : 中世における東アジアと欧州の方法」をご覧ください。

関連リンク

婦人画報の関連リンク

  • 婦人画報のおかいもの - 婦人画報が運営するお取り寄せ通販サイト。スイーツ・グルメ・ギフトをはじめご自宅用におすすめのお取り寄せ品も婦人画報編集部が厳選。
  • 婦人画報 : ハースト婦人画報社 - 歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。
婦人画報
1905年の創刊から、長い年月をかけて日本文化の継承と女性の豊かな生活を提唱し続けています。歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php