Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信

この秋の新しいニット・ファッション : 1972年9月

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この秋の新しいニット・ファッション :  『婦人画報』1972年9月号

この秋の新しいニット・ファッション : レナウンは1960年代・1970年代に日本のファッション業界をリードし、1990年代までアパレル・メーカーとして世界規模の売上高を誇ったともいわれます。レナウンというと私は「レナウンの唄」を直ぐに思い出します。しょっちゅうテレビのコマーシャルで流れていました。

"Renown Fashion この秋の新しいニット・ファッション" via 『婦人画報』1972年9月号、通算827号、108頁。カメラ:立木義浩、ヘア:仲谷利明(シバヤマ)、靴:コルドニエ品田 かねまつ。

“Renown Fashion この秋の新しいニット・ファッション” via 『婦人画報』1972年9月号、通算827号、108頁。カメラ:立木義浩、ヘア:仲谷利明(シバヤマ)、靴:コルドニエ品田 かねまつ。

商品の説明

この写真の商品説明は次のとおりです。

この秋もまた袖のバリエーションに楽しいものがたくさんあります。白のタートルドルマンは4500円、サイズ9、色は他に4色。ブルースクエアードルマンは4300円、サイズ9、色は他に4色。(『婦人画報』1972年9月号、通算827号、108頁)

タートルドルマンはタートルネックのドルマン・スリーブの服のこと。ブルースクエアードルマンは青色地で衿元がスクエア(四角)のドルマン・スリーブの服のこと。ドルマンという袖は「ドルマン・スリーブ」をご参照ください。

1970年頃ってドルマン・スリーブやケープ・スリーブが今よりも着る人が多かった気がします。ゆとりがあったんですね。

作品の感想

配色が大胆で単純。当時の裾の広がるパンツはついヒッピーを想像してしまって貧相だと決めつけがち。でも厚底のハイヒール・シューズもせいもあって脚が細長く見えて、それでいて暖かそう。セーターがドルマン・スリーブでゆったりしているので、パンツが引き締まって見えます。また、パンツと靴の色を合わせているのも格好いいですね。

レナウンショッピングサイト : R-online The Shop

現在のレナウンは次の「レナウンショッピングサイト」を運営しています。

コメント 感想や質問をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php