花様年華の旗袍 : コメント集

シェアする

広告

花様年華の旗袍

花様年華の旗袍 : ウォン・カーウァイ監督の映画「花様年華」は主人公の蘇麗珍(マギー・チャン演)や女性大家たちがたくさん着用した映画として有名です。これを受けて同映画の評論には旗袍に言及したものがたくさんあります。このページではそれらの言及を著書別に紹介します。

小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』

まずは小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年。ここでは中野裕通氏と原田小百合氏のコメントを紹介します。

王家衛(ウォン・カーウァイ)が2000年に公開した映画『花様年華』は旗袍がたくさん出てくる映画として有名です。蘇麗珍(Su Lizhen)を演じた張曼玉(Maggie Cheung)は、この作品で20着以上もの旗袍を着ました。着数は諸説があるので割愛しますが、20~30着程で収まります。

中野裕通氏による花様年華の旗袍

デザイナーの中野裕通氏は、この作品で着られた全ての旗袍が主演の張曼玉に似合っていたと称賛しました(中野裕通「香港映画でこんなきらびやかなチャイナ服を見たのは初めてでした」小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、所収)。≪amazonへ

彼女に似合わないものが一切ない。普通、十何着あると必ず、似合わないものって何着かあるんだけど、「これちょっとムリだよ」っていうのがなかったんですよね(同上書、54ページ)。

花様年華の旗袍 王家衛『花様年華』

花様年華の旗袍 王家衛『花様年華』 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

また、中野氏は、全ての旗袍が張曼玉の身体にフィットしていたことから、「これ全部作らせたんだと思うんですよ」(同上書、54ページ)とも感嘆しています。この映画の旗袍が他の香港映画・中国映画群の中で傑出した理由には、丁寧な採寸と仕立という作業以外にも、生地の良さがあったと中野氏。

ここで、張芸謀(チャン・イーモウ)と 鞏俐(コン・リー)の組み合わせ映画と比較した面白いコメントがあるので、以下に引用しましょう。

香港の人って中国服をあんまり大切にしないんですよ。僕なんか香港に行って昔のチャイナ服を探したんだけど、「何であんなの探すの?」って言われるんですね。で、仕立屋さんに行ってもだいたい生地であるのがヨーロッパの生地なんですよ。だから今回は衣装も担当しているウィリアム・チョンが、かなり上手い探し方したんじゃないですかね。これまで中国映画の中でチャイナ服を見てても、…中略…こういうきらびやかな服って一切なかったですからね。チャン・イーモウの映画のコン・リーが着てるのを見てても、中国服いいなと思ったことは一回もなかったから(笑)。だから今回は本当にすごいと思う(同上書、54~55ページ)。

中野裕通 イラスト 花様年華

中野裕通のイラスト「花様年華◎張曼玉」 – 小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、57ページ

中野氏が言及しているウィリアム・チョンとは張叔平(William Chang)のことで、王家衛のデビュー作『いますぐ抱きしめたい』(1988)から『一代宗師』(2013)まで、美術・衣装・編集のほとんど全てを担当してきた服飾デザイナーです。台湾出身の女優である林青霞(ブリジット・リン)は張叔平(ウィリアム・チャン)を唯一安心できる衣装担当と称したことがあります。張叔平(ウィリアム・チャン)の考える 花様年華の旗袍 は、こちらを参照して下さい〔ウィリアム・チャンにとっての『花様年華』と旗袍〕。

原田小百合氏による花様年華の旗袍

原田氏はこの映画が映像や音楽によって官能性が引き立てられただけでなく、張曼玉の着た旗袍にもあると強調します。潘迪華(Rebecca Pan)の旗袍も含めて30着ほどと数えています。これら旗袍は、張叔平の母親が実際に1960年代に着ていた古着をリメイクしたそうです。

原田氏は「テキスタイルの質感や柄が当時の雰囲気を出しています」(原田小百合「『花様年華』でマギー・チャンの着こなしたチャイナドレスを十倍楽しく鑑賞するには」小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、42頁)と記します。≪amazonへ

王家衛『花様年華』

王家衛『花様年華』 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

王家衛『花様年華』 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

そして、この映画での旗袍には洋裁の影響が濃いとして、1960年代イギリス統治下の香港での職業婦人に相応しい旗袍だったと位置づけます。他方で、中国の伝統的な大円領(大きな丸襟)のハイカラーを指摘します。身頃に関する記述も珍しく詳しいです。

たとえば、胸元の打ち合わせが最小限に抑えられ、裏の隠しスナップで処理しただけの簡潔なものです。その分、生地には大胆な柄が使われています。ただし、柄合わせは大変な作業だったようです。前身頃、後身頃、肩線、領に柄合わせが行なわれています。また、かなり密着した旗袍を作る場合、採寸(Measurement)が40か所に及ぶという点が指摘されています。

領・襟の禁欲さにもかかわらず、この映画が絶妙な色気を醸し出している理由について、原田氏は張曼玉の『阮玲玉』出演後の感想を踏まえ、内面に色気があるからと説明します。『花様年華』では張曼玉の何気ない仕草も相まって強烈な色気が吐き出されました。

姜鑫编『春光映画、王家卫』

≪姜鑫编『春光映画、王家卫』中国广播电视出版社出版、2004年≫は本書と同じく「2046」までを作品別とテーマ別に論じたものです。これには旗袍を比喩として捉えた評論が掲載されています。「香港の旗袍 : 「花様年華」の全ては旗袍から始まる」と題して全文を引用しコメントを加えているので、そちらをご参照ください。

潘国霊・李照興編『王家衛的映画世界』

次いで、潘国霊・李照興編『王家衛的映画世界』百花文芸出版社、天津、2005年
(奥付 : 潘国灵・李照兴编『王家卫的映画世界』百花文艺出版社、天津、2005年)

この本はウォン・カーウァイ監督作品の「2046」までをテーマ別に論じた論文集。香港电影评论学会(香港映画評論学会)の企画です。以下では衣装デザインを担当したウィリアム・チャンへのインタビューを掲載します。

旗袍は「花様年華」の重要な要素ですか?

まず私が欲しいのは耐え難い一種の醜さですが、全ての人が美しいです。 昔の上海人たちは家庭環境がどうであれ、常に明確な方法で、自分の顔を愛し、櫛を通してヘアスタイルを決め、メイクアップを上手くやって格好良い衣装を着ていました。蘇麗珍はこの典型例です。さらにこの映画の発想を考えると、人物の外見は誇張され、心に多くの弱さや葛藤と対照的に描かれています。ですから映画の旗袍はカラフルである必要があります。私は映画の各場面で複数の旗袍を用意しました。

たとえば二人の主人公が散歩をする時、私は蘇が左右どちらを歩けば良く見えるかを考えました。逆に周の外観が薄暗く見えるようにしました。また旗袍を変えて秘書の普段のイメージを描くことも考えました。周は非常にバランスが取れているようにデザインしました。それに対してマギー・チャンの場合、もう少し美しく良く見える状況に留めたのです。王家衛監督はカラフルな状況やコントラストを利かせた状況を作って、周という落ち着いた存在を際立たせることで、かえって蘇のもつ陰鬱な心を場面に引き出しました。

潘国灵・李照兴编『王家卫的映画世界』百花文艺出版社、天津、2005年、298頁)

ウォン・カーウァイ 花様年華 マギー・チャン

王家衛『花様年華』 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

私なんぞはつい旗袍の数や柄や領やスリットに目が行くのですが、ウィリアム・チャンのこのインタビューを聞いてもっと真面目に考えねばと思いました。トニー・レオンが演じるチャウ・モウワンをシックにダンディにさせることでマギー・チャン演じるスー・リーチェンの不安定さを前面に出すという対照性。鬱の観点からみれば確かにコントラストが効いて二人は描かれています。

上に載せた写真は蘇が周と密会する部屋2046へ急ぐ場面です。黒い柄の入った白地の旗袍に紅色のコート…。このバランスの悪さを曖昧さと捉える人もいれば欲望と捉える人もいます。