モード史を知るためのマストブック

ウィリアム・チャン衣装の「花様年華」旗袍に魅せられたコメント集

中野裕通 イラスト 花様年華 映画批評
中野裕通のイラスト「花様年華◎張曼玉」 - 小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、57ページ
この記事は約4分で読めます。

中野裕通氏と原田小百合氏のコメントを紹介します。ウォン・カーウァイ(王家衛)が2000年に公開した映画『花様年華』は旗袍がたくさん出てくる映画として有名です。

スー・リーチェン(蘇麗珍)を演じたマギー・チャン(張曼玉)は、この作品で20着以上もの旗袍を着ました。着数は諸説があるので割愛しますが、20~30着程で収まります。

中野裕通氏による花様年華の旗袍

デザイナーの中野裕通氏は、この作品で着られた全ての旗袍が主演の張曼玉に似合っていたと称賛しました(中野裕通「香港映画でこんなきらびやかなチャイナ服を見たのは初めてでした」小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、所収)。

彼女に似合わないものが一切ない。普通、十何着あると必ず、似合わないものって何着かあるんだけど、「これちょっとムリだよ」っていうのがなかったんですよね(同上書、54ページ)。

花様年華の旗袍 王家衛『花様年華』

花様年華の旗袍 王家衛『花様年華』 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

また、中野氏は、全ての旗袍がマギー・チャン(張曼玉)の身体にフィットしていたことから、「これ全部作らせたんだと思うんですよ」(同上書、54ページ)とも感嘆しています。この映画の旗袍が他の香港映画・中国映画群の中で傑出した理由には、丁寧な採寸と仕立という作業以外にも、生地の良さがあったと中野氏。

ここでチャン・イーモウ(張芸謀)と コン・リー(鞏俐)の組み合わせ映画と比較した面白いコメントがあるので、以下に引用しましょう。

香港の人って中国服をあんまり大切にしないんですよ。僕なんか香港に行って昔のチャイナ服を探したんだけど、「何であんなの探すの?」って言われるんですね。で、仕立屋さんに行ってもだいたい生地であるのがヨーロッパの生地なんですよ。だから今回は衣装も担当しているウィリアム・チョンが、かなり上手い探し方したんじゃないですかね。これまで中国映画の中でチャイナ服を見てても、…中略…こういうきらびやかな服って一切なかったですからね。チャン・イーモウの映画のコン・リーが着てるのを見てても、中国服いいなと思ったことは一回もなかったから(笑)。だから今回は本当にすごいと思う(同上書、54~55ページ)。

中野裕通 イラスト 花様年華

中野裕通のイラスト「花様年華◎張曼玉」 – 小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、57ページ

中野氏が言及しているウィリアム・チョンとはウィリアム・チャン(張叔平)のことで、王家衛のデビュー作『いますぐ抱きしめたい』から『グランドマスター』まで、美術・衣装・編集のほとんど全てを担当してきた服飾デザイナーです。

台湾出身の女優であるブリジット・リン(林青霞)はウィリアム・チャン(張叔平)を唯一安心できる衣装担当と称したことがあります。張叔平の考える花様年華の旗袍は、こちらを参照して下さい〔ウィリアム・チャンにとっての『花様年華』と旗袍〕。

原田小百合氏による花様年華の旗袍

原田氏はこの映画が映像や音楽によって官能性が引き立てられただけでなく、張曼玉の着た旗袍にもあると強調します。

レベッカ・パン(潘迪華)の旗袍も含めて30着ほどと数えています。これら旗袍は、張叔平の母親が実際に1960年代に着ていた古着をリメイクしたそうです。

原田氏は「テキスタイルの質感や柄が当時の雰囲気を出しています」(原田小百合「『花様年華』でマギー・チャンの着こなしたチャイナドレスを十倍楽しく鑑賞するには」小倉エージ編『ウォン・カーウァイ』キネマ旬報社、2001年、42頁)と記します。

王家衛『花様年華』

王家衛『花様年華』 (c) 2000 by Block 2 Pictures Inc.

そして、この映画での旗袍には洋裁の影響が濃いとして、1960年代イギリス統治下の香港での職業婦人に相応しい旗袍だったと位置づけます。他方で、中国の伝統的な大円領(大きな丸襟)のハイカラーを指摘します。身頃に関する記述も珍しく詳しいです。

たとえば、胸元の打ち合わせが最小限に抑えられ、裏の隠しスナップで処理しただけの簡潔なものです。その分、生地には大胆な柄が使われています。

ただし、柄合わせは大変な作業だったようです。前身頃、後身頃、肩線、領に柄合わせが行なわれています。また、かなり密着した旗袍を作る場合、採寸(Measurement)が40か所に及ぶという点が指摘されています。

領・襟の禁欲さにもかかわらず、この映画が絶妙な色気を醸し出している理由について、原田氏は張曼玉の『阮玲玉』出演後の感想を踏まえ、内面に色気があるからと説明します。『花様年華』では張曼玉の何気ない仕草も相まって強烈な色気が吐き出されました。

関連リンク

花様年華(王家衛の映画):濃厚なエロスが嗅覚に忍び寄る
「花様年華」はウォン・カーウァイ監督の映画で2000年に公開されました。旗袍がたくさん出てきたことで有名です。触れ合うということに不自由な二人の官能的な熱情を極限にまで引き出し、作品全体からは濃厚なエロスが匂いたち、強烈に鼻を突いてきます。
ウォン・カーウァイ―期待の映像作家シリーズ (キネ旬ムック―フィルムメーカーズ)
ウォン・カーウァイ―期待の映像作家シリーズ (キネ旬ムック―フィルムメーカーズ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php