新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

プーマからのお知らせ : BRADLEY THEODOREとのコラボなど

PUMA X BRADLEY THEODORE

世界的に有名なビジュアルアーティストのブラッドリー・セオドアとのコレクションを1月19日(土)に発売いたします。独自のカラーリンググラフィックが特徴的なアイテムとなっています。

  • PUMA x BRADLEY THEODORE CAPRI(369391) 14,040円(税込)
  • PUMA x BRADLEY THEODORE THUNDER(369394) 19,440円(税込)
  • PUMA x BRADLEY THEODORE CLYDE(369555) 16,200円(税込)
  • PUMA x BRADLEY THEODORE BASKET MID(369733) 16,200円(税込)
ビジュアルアーティストのブラッドリー・セオドアとのコレクション : プーマオンラインストア

ビジュアルアーティストのブラッドリー・セオドアとのコレクション : プーマオンラインストア

スウェード50周年記念に次ぐ2 回目の本コレクションは、ポップなカラーリングを特徴とする独自の世界観を表現しました。 手書きのグラフィックや、シュータンの内側に刻まれた‘CREATIVITY IS CULTURE’というメッセージ、彼の代表的作品であるスカルのグラフィックのラバーパッチが特徴的です。

大人気のThunderや定番のCLYDEなどスニーカー4コレクション、そのほかに多数のアパレルが発売となります。

ビジュアルアーティストのブラッドリー・セオドアとのコレクション : プーマオンラインストア

ビジュアルアーティストのブラッドリー・セオドアとのコレクション : プーマオンラインストア

女性人気が高いMUSEから最新作が登場

プーマ ミューズ TZ ウィメンズ国際的なモデルそして女優で、プーマブランドアンバサダーのカーラ・デルヴィーニュが着用し、このシューズが象徴する個性、華やかさ、そして力強さを完璧に表現しました。1月18日(金)に発売予定となっております。

プーマ ミューズ TZ ウィメンズ (369658) 9,612円(税込)

プーマ ミューズ TZ ウィメンズ : 国際的なモデルそして女優で、プーマブランドアンバサダーのカーラ・デルヴィーニュが着用 : プーマオンラインストア

プーマ ミューズ TZ ウィメンズ : 国際的なモデルそして女優で、プーマブランドアンバサダーのカーラ・デルヴィーニュが着用

ランニングシューズからインスピレーションを得たデザインで、且つ、フェミニンなシルエットに仕上げられました。近未来的なスタイルとアウトソールのポップなカラーリングが印象的で、また、上品なメタリックのテキスタイルアッパーが、女性らしさを演出します。

快適なスリップ・オンタイプで、ミューズシリーズの特徴の1つであるエラスティックのクロスストラップが、クリーンなスポーティルックを完成させます。また、女性の足に適応するよう設計されており、ソールにはIGNITEフォームが使用され、履き心地も快適です。

プーマのウィメンズカテゴリーでは、引き続き”DO YOU”キャンペーンを継続、女性が自分たちの力を信じて自信を持って行動する事を称えます。

プーマ ミューズ TZ ウィメンズ : 国際的なモデルそして女優で、プーマブランドアンバサダーのカーラ・デルヴィーニュが着用 : プーマオンラインストア

プーマ ミューズ TZ ウィメンズ : 国際的なモデルそして女優で、プーマブランドアンバサダーのカーラ・デルヴィーニュが着用

関連リンク

  • プーマの歴史 - プーマ PUMA はルドルフ・ダスラー(Rudolf Dassler)が1948年に設立したドイツの製靴工場で、当時はプーマシューファブリック・ルドルフ・ダスラーといいました。現在では世界的に有名なスポーツ・シューズのメーカーです。

ニュース
しんいちをフォローする
Facebookでフォロー
この記事が気に入ったら最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
プロフィール
この記事を書いた人
しんいち

岩本真一(いわもと・しんいち)1970年奈良県生まれ。近畿圏の大学で経済史や社会史を教えています。アパレル産業史を研究する傍ら、ファッションに関する文化史・哲学的なサイト「モードの世紀」を運営してきました。姉妹サイトに「ミシンの世紀」、著書に『ミシンと衣服の経済史』。

しんいちをフォローする
モードの世紀

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php