Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

プリングル : Pringle

シェアする

広告

英国王室御用達の老舗ニット・ブランド(カシミア・メーカー)。

1815年、ロバート・プリングルがスコットランドのホーウィックに、ウォルディ・プリングル・ウィルソン商会として最初の工場を設立したのがきっかけ。1827年には高級下着の製造をスタート、1905年には女性向アウターウェアの生産も開始した。

20世紀初頭、プリングルは、カシミア、メリノ、シェットランド、ラムなどのウール(羊毛素材)を展開するスコットランド最大の会社となる。この時期、世界最大のウールメーカー、ドーソン・インターナショナルの子会社になっていた。

1920年、ロバート・プリングルは息子とともに120人の従業員を従え新会社を設立。その後20年代を通じて、カシミアのツイン・ニット、カーディガン、セーターなどでも有名になり、ハリウッド・スターたちが顧客に着く。この時期はウィーン生まれのデザイナー、オットー・ワイズがプリングルで大活躍していた。

1930年、セーターにダイヤ状のパターンを縫い上げたのが、プリングルのトレードマークとなった。48年、優れたカシミアを製造する点を評価され、英国王室から表彰された。この頃から、王族や貴族向けのゴルフウェアを生産し、PGAのオフィシャル・カシミアを提供しはじめた。

プリングルのロゴとして有名なスコットランドのランパント・ライオンがトレードマークとして登録されたのは、1950年のこと。52年には、イギリスのエリザベス女王がプリングルの工場を訪問。その後、カシミア製品の納入実績によって、エリザベス女王から英国王室御用達の認定を受けた。55年には雑誌『ヴォーグ』の表紙を飾る。この時期、芸能人やアーティスト、プロゴルファーたちの間で人気が上昇。

2000年、プリングルは香港企業ファング・ブラザース・ニッティング社に買収され、スコットランド生まれの英国人女性キム・ウインザーがCEOに就任した(買収金額900万ドル)。キム・ウィンザーはプリングルの大胆なイメージ・チェンジを開始し、プリングルの伝統を残しつつもマーケティング、デザイン、ラインナップの刷新を図った。こうして、ベッカム夫妻やジュリア・ロバーツらのお気に入りブランドとしても知られるようになった。

具体的な展開としては、翌01年にニット・アクセサリーやレザー・グッズなどの発売がスタートしたのが一番の目玉である。またディフュージョンのプリングル・カジュアルズも販売をスタート。ニット以外の素材でも成功し、プリングルはニット製品のメーカーからトータルに製品を提供するアパレルメーカーへと成長した。

もっとも、1940~50年代のプリングル・オリジナルデザインの復刻版やスワロフスキー・クリスタルのボタン使用など、デザイン性の高い商品も維持・充実させている。

2002年、プリングルがキム・ウィンザーの個人経営となったのをきっかけに、ロンドンのボンド・ストリートと東京の青山にフラッグ・ショップ(旗艦店)を同時にオープン。デザイナーにはスチュワート・ストックデイルが就任した。翌03年からは、レディースが03年春夏ロンドン・コレクションから、メンズが03-04年秋冬ミラノ・コレクションから、参加を始めた。

ファッション史的にみて、ニットを外出着として提案したことは、20世紀前半にパリでガブリエル・シャネルが見せた自由な発想を思い出させる。また、プリングルのトレードマークとなったアーガイル・チェックやツイン・セットを産出した点は非常に評価が高い。ツイン・ニットは映画女優マーガレット・ロックウッドやフィリス・カルバートなどが愛用したことで知られる。さらに、王室や貴族の間ではゴルフウェアとしても愛用されてきたし、英国プロゴルファー協会の公式セーターに指定されるなど、各界からの定評は揺るぎない。プリングルは、キャラクタ-のライオンでも有名だが、イギリスを代表する英国王室御用達の老舗ニットブランド。1815年創業の老舗カシミヤメーカーで、最近は若返りをはかり、ベッカム夫妻、ジュリア・ロバーツなど、多くのセレブ愛用のブランドとして注目されている。アーガイル柄やツインニットなどを創り出したことでも有名。