Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミシンコレクション 全6種セット : 徹底解説

広告

ミシンコレクション 全6種セット

ミシンコレクション 全6種セット : 勤務先の一つ同志社大学の元履修生が、10月30日に手芸ガチャ(手芸ミニチュアマスコット)の写真を送ってきてくれました。「良さげなの見つけました」と。

THE手芸 ミニチュアマスコット 4th season ミシンコレクション 全6種セット
THE手芸 ミニチュアマスコット 4th season ミシンコレクション 全6種セット

昨年度の教え子が教えてくれました。

そのガチャはどこにあるかと尋ねると「京都駅前のイオンモールの手芸センター ドリーム」とのこと。

これは次の月曜日に龍谷大学の帰りに寄るしかないと決意したものの、その日から気になって仕方ありません。1個400円のガチャガチャだと全6種を集めるのは難儀だなぁと思い、翌日にYahoo!ショッピング(外部リンク)で探しました。

THE手芸 ミニチュアマスコット 4th season ミシンコレクション 全6種セット 第4弾
THE手芸 ミニチュアマスコット 4th season ミシンコレクション 全6種セット 第4弾

THE手芸 ミニチュアマスコット 4th season ミシンコレクション 全6種セット

すると、あるもんですね、可愛いミシンのミニチュア6点コンプ(外部リンク)。アミュームショップで注文し、今朝到着しました。 6台のミシンにはそれぞれ解説書が付いています。それをもとに以下では全6種の機種を徹底解説します。

ミシン全6種 徹底解説

「THE手芸 ミニチュアマスコット 4th season ミシンコレクション 全6種セット」は

  • Brother COMPAL900
  • JUKI 職業用本縫いミシン SPUR シュプール
  • JUKI HZL-EX7
  • ベビーロック 糸取物語 Wave Jet BL69WJ
  • ベビーロック 初代モデル EF-205
  • SINGER New Family Model

から成り立っています。以下ではこれら6種を徹底解説します。

Brother COMPAL900

この機種は家庭用ミシンです。ミニチュアはワイドテーブル未装着時のもので、テーブルを付けると縫床は50%ほど伸びます。

付録解説書には次のように説明されています。

基準を超える縫製品質、充実機能の家庭用ミシンです。ワンタッチで模様が選択できる、ダイレクト選択。広いソーイングスペースは、大きな作品の取り回しもスムーズです。生地・用途・デザインに合わせて選べる多彩な40ステッチで、貴方の思い描いた作品作りを応援します。(付録解説書より)

ブラザー工業株式会社の公式サイトでは今でも掲載されている比較的新しい機種です。

COMPAL900/COMPAL700 | 一般用ミシン | 家庭用ミシン | ブラザー
COMPAL900/COMPAL700についてご紹介しているブラザーWebサイトのページです。製品やサポートの情報をご覧いただけます。

コンパル900は、型番がCPF3001、サイズ(高さ×幅×奥行き)が30×48×24.9cm(ワイドテーブル未装着時)、質量が9.5kg(ワイドテーブル未装着時)です。

ブラザー・ミシンは1908年にミシン修理業から創業した会社です。安井兄弟が創業したため、社名はブラザーとなりました。シンガー社の特許権が切れた1930年頃に家用ミシン(今の家庭用ミシン)を主力としてミシンの量産化を進めました。

シンガー社の特許権に関する話は私の資料論考「戦前期ミシンに関する産業財産権―その一覧と傾向―」(外部リンク、pdfファイルを直接ダウンロードします)をご参照ください。また、この資料論考をもとにした研究論文「ミシン国産化の遅延要因 : 特許出願の方向性に関連して」も著しています。ウェブ後悔はしていませんので、ご覧になりたい方はご連絡下さい。

JUKI 職業用本縫いミシン SPUR シュプール

この機種は職業用ミシンです。JUKIの職業用ミシンはSLシリーズとTLシリーズに大別され、シュプールは後者のことです。

このTLシリーズはベーシックな「TL-30」から、サブテンションやスピードコントロールつまみの付いた専門色の濃い「TL-2200QVP Mini」まで4種あります。右上に付される「SPUR」の文字色から判断して、このミニチュアは「TL-30」か「TL-30DX」でしょう。

付録解説書には次のように説明されています。

縫い品質にこだわった直線専用の本格派ミシン。多様な素材に、優美で安定した縫い品質が実感できます。工業用ミシンの機構を採用し、快適で優れた操作性を実現しています。プロはもちろんご家庭でも楽しめる頼れるミシンです。(付録解説書より)

JUKIの職業用ミシンは次の同社ページもご参照ください。

職業用ミシン|JUKI家庭用ミシン

JUKI HZL-EX7

引き続きJUKIのミシンです。この機種は同社では珍しい家庭用ミシンの最新作です。

付録解説書には次のように説明されています。

やりたかったことができる喜びと、ワンランク上の仕上がりが、いままでにない至福の時間を作りあげる。 高い質感、信頼性、ぬい心地。

すべてが新しい JUKI HZL-EX7 で、あなたの作品は芸術になる。(付録解説書より)

JUKI HZL-EX7 は次の同社ページもご参照ください。

https://www.juki.co.jp/household_ja/products/list/home/hzlex7.html
JUKIは工業用ミシンに力を入れた企業です。戦前期は東京重機という会社で、建築関係の機械を作っていました。戦後にミシン製造業に転身しました。重機会社としては1938年に創業し、1947年に家庭用ミシンの販売、1953年に工業用ミシンの販売をスタート。工業用ミシンのシェアは世界1位を維持してきました。

ベビーロック 糸取物語 Wave Jet BL69WJ

次にベビーロック・ミシンを2台紹介します。同社はロック・ミシンを中心に販売する会社です。

まずは「糸取物語Wave Jet BL69WJ」。糸取物語の特徴は何といってもジェットエア搭載。空気圧で糸通しを行なうのでかなり楽ちん。

付録解説書には次のように説明されています。

ベビーロックの現行主力モデル。新開発の自動エア糸通しや自動糸調子で、縫う前の面倒な準備が簡単に。さらに飾り縫い機能も充実。国内シェアNo.1のロックミシンとして、初心者からプロまで、多くの皆さまに愛用されています。(付録解説書より)

本縫ミシンにプラスアルファのロック・ミシン。糸取物語 Wave Jet BL69WJ は次の同社ページもご参照ください。

糸取物語Wave Jet BL69WJ | babylock
...

ベビーロック 初代モデル EF-205

次いで、なんとも重厚そうなベビーロック 初代モデル EF-205。

付録解説書には次のように説明されています。

1968年発売の世界初の家庭用小型ロックミシンは、まるで赤ちゃんのように小さく見えたことから「ベビーロック(baby lock)」と名付けられました。発売当初はテーラーを中心に普及、手縫いだった縁かがりはロックミシンで行われるようになりました。(付録解説書より)

19世紀中期のアメリカでは縁縢(ふちかがり)を環縫ミシンで行なっていました。それに追随して世界中で環縫ミシンが製造販売されてきました。ロックミシンがアパレル工場で使われるようになったのは20世紀前半のことかと推測しますが、それを家庭用として製造販売したのが、このベビー・ロックという会社だと位置づけられます。
ベビーロック社の名前は今回ほとんど初めて聞いたので、???だったのですが、戦後の1965年に創業したとのことで納得。戦前期のミシンというと圧倒的にアメリカが優勢だったのですが、戦後に衰退しはじめて、取って代わったのが日本のミシン・メーカーだったという流れですね。その一翼をベビーロックも担ってきた訳です。
付録解説書によると、株式会社ベビーロックは1965年に創業した、家庭用ミシン、工業用ミシンを中心とした専門商社。主力ブランドのベビーロックを冠した家庭用小型ロックミシンは、品質、性能、サポートで高い票を得てきました。100以上の国々で愛用される世界的ブランドとのことです。
ベビーロック社の会社の歴史(外部リンク)もご参照ください。

SINGER New Family Model

そして、最後にシンガー。この会社の19世紀後半のグローバルな展開に魅了されて1冊を本まで書いてしまったのが懐かしいです(自著の紹介を是非ご覧ください)。

見たままの手廻式ミシン。本物には木製カバーが付けられていて持ち運び可能。1950年代にアメリカで産声を挙げたミシン製造業はもともと工業用環縫ミシンから始まったのでした。直後から工業用本縫ミシンも開発されていきます。

1960年代に入ってもアメリカのミシン製造業界は熾烈な競争関係にありました。この機種はシンガー社が初めて家庭用ミシンとして販売した記念すべきミシンです。その後、世界中の家でシンガー社のミシンが愛用されたことは授業で繰り返し説明しているとおりです(笑)。

付録解説書には次のように説明されています。

幾多の改良を重ねて、1865年にニューファミリー型ミシンが生産され、1890年頃までには400万台以上がデザインを変えて世界中で販売されました。尚、ボビンケースは長舟型シャトルと呼ばれ針の下側を左右に往復して、ハンドル1回転で3針縫える仕組みです。(付録解説書より)

シンガー社製ミシンを日本国内で取り扱うのは株式会社ハッピージャパン。同社のホームページでは、この手芸ガチャに登場することが決定した喜びが書かれています。ぜひご覧ください。

手芸ミニチュアマスコット | ミシンを選ぶならシンガーミシン|愛されて160余年 世界のトップブランド