Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ミシン普及パターンに見る縫製業の趨勢

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ミシン普及パターンに見る縫製業の趨勢 : 20世紀転換期の大蔵省主税局編『外国貿易概覧』を中心に

ミシン普及パターンに見る縫製業の趨勢 : 日本経済史研究会(2007年10月20日(土))で報告した内容です。当時アイオナ大学にいらした牧村さんが当研究所に在外研究にやっていらして、一緒に報告しました。

ミシン普及パターンに見る縫製業の趨勢 : 日本経済史研究会(2007年10月20日(土))で報告

日本経済史研究会(2007年10月20日(土))で報告

この報告の内容は後に論文になり、最終的には本の一部となりました。報告させていただいた本多三郎先生には感謝しています。

ミシンと衣服の経済史 – 著書紹介
このページでは私の著書のうち単著「ミシンと衣服の経済史」の刊行経緯や詳しい目次を紹介しています。

第1章 本報告の課題と『外国貿易概覧』の性格

  • 第1節 本報告の課題
    (1)先行研究の偏向→資料編1ページ
    (2)問題の所在→資料編1ページ
    (3)本報告の課題
    (4)報告内容
  • 第2節 『外国貿易概覧』の性格
    (1)刊行と性格
    (2)記載項目

第2章 ミシン輸入の趨勢と普及パターン

  • 第1節 輸入趨勢と時期区分
    (1)全体動向
    (2)時期区分(1883~1937年)
  • 第2節 ミシン本体と技術の普及パターン
    (1)産業からみたミシン本体・技術の普及パターン
    (2)教育からみたミシン技術の普及パターン

第3章 ミシン普及パターンに見る縫製業の趨勢

  • 第1節 ミシン動力源の変化、技術移転、ミシン多様化の諸相
    (1)ミシン種別の趨勢
    (2)手廻式ミシン(「手繰」ミシン):19世紀後半から20世紀初頭に輸入
    (3)足踏式ミシン: 1904年に明瞭に市場浸透が報告
    (4)電動ミシン(「動力用」ミシン):1913(大正2)年報告、電力インフラに結合。
    (5)まとめ─ミシン多様化の枠組み
  • 第2節 主要衣料品からみたミシン
    (1)メリヤス・シャツ(1902年)
    (2)ジャケット、セーター、その他
  • 第3節 ミシンの輸入港別傾向─横浜港と神戸港を中心に
    (1)両港の比較(→表2・表3)
    (2)国内縫製業の地勢
    (3)海外衣料市場との関係~全般的に、中国・インド・ヨーロッパが多い
    (4)その他諸港…1900年代長崎、1910年代門司→福岡県の足袋製造業にミシン投入か?

本報告の論文化

本稿は, 2007年10月20日に開催された大阪経済大学日本経済史研究所主催「第9回日本経済史研究. 会」での報告「ミシン普及パターンに見る縫製業の趨勢 : 20世紀転換期の大蔵省主税局編『外国貿易概覧』を中心に 」を加筆・修正したものです。

論文は「日本におけるミシン輸入動向と衣服産業の趨勢–20世紀転換期の大蔵省主税局編 『外国貿易概覧』を中心に–」をクリックした先のページからダウンロードできます。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php