欧米視察 : 羽二重輸出対策案と視察関心の変化

シェアする

広告

欧米視察 : 羽二重輸出対策案と視察関心の変化

欧米視察 : 寺子屋「史料が語る経済史」(第9回)2007年07月28日(土)で講演した内容です。

岩本真一 : 欧米視察 史料が語る経済史

欧米視察 : 寺子屋「史料が語る経済史」(第9回)2007年07月28日(土)/@大阪経済大学)

大阪経済大学 第9回(2007年開催)
【大阪経済大学】日本経済史研究所の寺子屋(要旨集)ページです。

はじめに ― 欧米視察3回の概要

  1. 欧米漫遊(1886年7月~1888年6月) ①養蚕への関心 ②染織工場見学 ③織機目録収集 ⇒『倫敦通信』
  2. 第1回絹織物視察(1896年6月~12月) ①羽二重商況問答 ②織機会社問合せ ③織機目録収集 ⇒『欧米羽二重商況視察報告』
  3. 第2回絹織物視察(1899年6月~11月) ①絹織物工場見学 ②ミシン・編機、パリ万博カタログ収集 ⇒『海外絹織物調査報告』

3回にわたる漫遊・視察 ~杉田定一の焦点の変化は?

1 欧米漫遊(1886年7月~1888年6月) ~養蚕、染織への関心

  • (1)養蚕への関心 … 「外国ニ向テ第一等ノ物産ハ養蚕生絲ナリ」 。
  • (2)染織への関心 … キャリコ工場(史料1)・織物工場 視察。

2 第1回絹織物視察(1896年6月~12月) ~織物商況・白羽二重、織機への関心
◎福井県絹織物組合組長小川喜三郎より「羽二重商況視察ノ為欧米派出員ヲ嘱托ス」 。

  • (1)『欧米羽二重商況視察報告』(史料2)。
    ①絹織物業のメッカ「里昂」と「里昂製」の実態 ②杉田の輸出対策案 (あ)流行支配が困難ゆえ、精製品より半製品 (い)品質を考慮し、生羽二重より練羽二重。
  • (2)ノウルズ織機会社問合せ  … 織機価格一覧などを請求 → 織機輸入の必要性を感受。

3 第2回絹織物視察(1900年6月~11月) ~諸機械への関心
◎福井県絹織物同業組合組長小川喜三郎より「農商務省ノ嘱託ニ依リ絹織物調査ノ為巴里」へ赴き、「本縣絹織物業ニ関スル状況」を調査・報告するよう受命 。

  • (1)『海外絹織物調査報告』
    (a)第1回との共通点は、捺染を経ずに輸出する点。
    (b)杉田の輸出対策案 → 仏国捺染業者への配慮ゆえ、精製品より半製品。
    (c)欧米の「機械製」と日本の「美術品」における断絶を憂慮(主に、品質、生産性、工賃)。
  • (2)シンガー社製ミシン広告カード(史料3)