Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

パイピング : piping 解れ止めや装飾のための縁取りの一種

広告

パイピング

パイピング piping とは解れ止めや装飾のために縁取りの一種で、布端をバイアス・テープや別布で包む作業(始末)をいいます。玉縁(たまぶち)と呼ぶこともあります。また、細いコード状のものを切替線に挟みこんで装飾する作業も含みます。

パイピング : 白色地に紅色の花柄がデザインされた布。これにエンジ色のパイピングを施しています。平連袖旗袍、11号(L)、小豆色の小紋×ビンテージ釦。専用のアンダードレスは正絹長襦袢の反物から製作。 © atelier leilei

詳細な説明

布端を包む場合、バイアス・テープや別布のほかに共布(生地と同じ布でパーツとしては別布)を用いることがあります。布端にパイピングを使う箇所(ディテール)には布の裁ち目、ポケットの切り込み、ボタン・ホール(ボタン穴)などがあります。

パイピング・ポケット(玉縁ポケット)

ポケットの切り込みにパイピングを用いたものはパイピング・ポケットや玉縁ポケットといいます。この種のポケットには2種類あります。

  1. 片玉縁…切口片側にパイピング(玉縁)を施している
  2. 両玉縁…切口両側にパイピング(玉縁)を施している

前者を単にパイピング・ポケット(piping pocket)といい、後者をダブル・パイピング・ポケット(double piping pocket)、ダブル・ウェルト・ポケット(double welt pocket)、ジェッテッド・ポケット(jetted pocket)ということもあります。

(シングル・)パイピング・ポケットの例

パイピング : アンサンブル アンドレ・クレージュ 1965年。
パイピング : アンサンブル アンドレ・クレージュ 1965年。

アンサンブル アンドレ・クレージュ 1965年。 via André Courrèges | Ensemble | French | The Met

ダブル・パイピング・ポケットの例

このチュートリアルを読んでダルブ・ウェルト・ポケットの縫い方を学びましょう。Learn How to Sew Double Welt Pockets With This Step-By-Step Tutorial! via How to Sew Double Welt Pockets: A Step-By-Step Tutorial!

パイピング・ボタン・ホール

パイピング・ポケットのようにボタン穴(ボタン・ホール)をパイピングで縁取ることもあります。これをパイピング・ボタン・ホール、またはバウンド・ボタン・ホールといいます。ボタン穴の多くはダブル・パイピングされます。

パイピング・カフス

カフスに用いられるパイピングの多くは、ギャザー状の袖口に用いられます。

パイピングの正しい付け方

旗袍やチャイナ・ブラウスなどのチャイナ服に関しては、少なくとも四つの角のパイピングの正しい付け方があります。それは上側が下側を覆う方法です。画像は「March 19, 2018 パイビングの正しい付け方」でご参照ください。