Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

業績と経歴

シェアする

こちらでは運営者の業績と経歴を記載しています。業績は主に著書・論文・研究ノートなど、経歴は学歴・学位・職歴に分けています。

業績

業績 : 活字業績は以下の通りです。全文公開しているものには発行元やCiniiへのリンクを貼っています。クリックすればダウンロードできます。

著書 : 単著

岩本真一『ミシンと衣服の経済史―地球規模経済と家内生産―』オンデマンド版、思文閣出版 2017年6月(思文閣出版の該当ページへ

岩本真一『ミシンと衣服の経済史―地球規模経済と家内生産―』思文閣出版 2014年7月(思文閣出版の該当ページへ

著書 : 共著

論文・研究ノート・資料(著書未収録のみ)

  1. 戦前期小規模縫製業者の資産動向―姫路市藤本仕立店「棚卸」の分析―/単著/2017年2月/『経済学雑誌』第117巻3号/63-77
  2. ミシン国産化の遅延要因―特許出願の方向性に関連して―/単著/2016年7月/『大阪経大論集』第67巻2号/211-233
  3. 戦時期縫製業の業態転換―姫路市藤本仕立店の統制関連史料をもとに―/単著/2016年5月/『大阪経大論集』第67巻1号/127-15
  4. 戦時期縫製業と経営体転換―兵庫県姫路市藤本仕立店の動向から―/単著/2016年3月/『大阪経大論集』第66巻6号/143-166
  5. 平肩連袖からみた近代裁縫技術の位置(2)―姫路市藤本仕立店の裁縫技術・ミシンの導入と生産工程―/単著/2016年1月/『大阪経大論集』第66巻5号(Web公開)/219-229
  6. 平肩連袖からみた近代裁縫技術の位置(1)―姫路市藤本仕立店の衣料品製作図を中心に―/単著/2015年11月/『大阪経大論集』第66巻4号(Web公開)/379-392
  7. 近現代旗袍の変貌―設計理念と機能性にみる民族衣装の方向―/単著/2015年9月/『大阪経大論集』第66巻3号/125-148
  8. 衣服産業史研究の動向―個別史から全体史へ―/単著/2014年1月/『経済史研究』第17号、大阪経済大学日本経済史研究所(Web公開)/103-121
  9. 近代日本の衣服用語─統計用語変遷の意味─/単著/2010年11月/『大阪経大論集』第61巻4号(Web公開)/241-266
  10. 衣服用語の100年─衣服史研究の諸問題と衣服産業の概念化―/単著/2009年3月/『産業と経済』第23巻3・4号、奈良産業大学経済経営学会/75-92
  11. 19世紀後半の日本絹織物業における機械化過程と世界史的背景―杉田定一の海外視察旅行に関連して―/単著/2009年2月/『経済史研究』第12号、大阪経済大学日本経済史研究所(Web公開)/157-186

翻訳・学術資料・その他(著書未収録のみ)

  1. 〔アンケート〕2018年上半期の収穫から「衣服産業史」/共著/2018年7月/『週刊読書人』2018年7月22日号/4面
  2. 〔アンケート〕2017年上半期の収穫から「衣服産業史」/共著/2017年7月/『週刊読書人』2017年7月21日号/4面
  3. 〔学術資料〕戦前期ミシンに関する産業財産権―その一覧と傾向―/単著/2017年3月/『大阪産業大学経済論集』第18巻2号/45-64
  4. 〔書評〕飛田健彦著『百貨店とは』『帯の伊勢丹 模様の伊勢丹』/単著/2017年2月/『週刊読書人』2017年2月17日号/6面
  5. 〔書評〕鄭鴻生著『台湾少女、洋裁に出会う―母とミシンの60年―』/単著/2016年12月/『週刊読書人』2016年12月9日号/6面
  6. 〔アンケート〕2016年上半期の収穫から「衣服産業史」/共著/2016年7月/『週刊読書人』2016年7月22日号/5面
  7. 〔書評〕塩谷昌史著『ロシア綿業発展の契機―ロシア更紗とアジア商人―』/単著/2016年1月/『経済史研究』第19号、大阪経済大学日本経済史研究所(Web公開)/175-186
  8. 〔アンケート〕2015年上半期の収穫から「衣服産業史」/共著/2015年7月/『週刊読書人』2015年7月24日号/4面
  9. 〔取材〕「これも「ジャージー」? 体操着がスーツになるまで」/共同/2015年1月/日本経済新聞電子版「ことばオンライン」/
  10. 〔書評〕富澤修身著『模倣と創造のファッション産業史-大都市におけるイノベーションとクリエイティビティ-』ミネルヴァ書房、2013年/単著/2014年10月/『歴史と経済』第57巻1号、pp.56-57/56-57
  11. 〔アンケート〕2014年上半期の収穫から「衣服産業史」/共著/2014年7月/『週刊読書人』2014年7月25日号/6面
  12. 〔書評〕著:アンドルー・ゴードン/翻訳:大島かおり『ミシンと日本の近代―消費者の創出―』(みすず書房)/単著/2013年8月/『週刊読書人』2013年8月30日号/6面
  13. 〔アンケート〕2013年上半期の収穫から「衣服産業史」/共著/2013年7月/『週刊読書人』2013年7月26日号/6面
  14. 〔書評〕著:パトリシア・リーフ・アナワルト/監訳:蔵持不三也『世界の民族衣装文化図鑑1中東・ヨーロッパ・アジア編2オセアニア・南北アメリカ・アフリカ編』(柊風舎)/単著/2012年1月/『週刊読書人』2012年1月13日号/4面
  15. 〔講義資料〕日本経済の世界史的背景に関する覚書―CHINA, EUROPE, USA―/単著/2011年10月/大阪市立大学経済学会『経済学雑誌』第112巻別冊 (2011年後期)(Web公開)/81-99
  16. 〔ディスカッション・ペーパー〕マルクス工業化論の射程―ミシンと衣服産業への言及をもとに―/単著/2010年3月/大阪市立大学大学院経済学研究科経済格差研究センター(Web公開)/1-10
  17. 〔翻訳〕牧村保弘「書評ジャネット・ハンター著、阿部武司・谷本雅之監訳『日本の工業化と女性労働―戦前期の繊維産業―』」/単著/2010年2月/『経済史研究』第13号、大阪経済大学日本経済史研究所(Web公開)/185-189

学歴

  • 1989年 3月 : 奈良県立 北大和高等学校 卒業
  • 1990年 4月 : 大阪府立大学 経済学部 経済学科 入学
  • 1998年 3月 : 大阪府立大学 経済学部 経済学科 満期退学
  • 1998年 4月 : 法政大学 通信教育課程(科目等履修生) 入学
  • 2000年 3月 : 法政大学 通信教育課程(科目等履修生) 修了
  • 2000年 4月 : 大阪市立大学 大学院経済学研究科 理論経済学・経済史専攻 前期博士課程 入学
  • 2003年 3月 : 大阪市立大学 大学院経済学研究科 理論経済学・経済史専攻 前期博士課程 修了
  • 2003年 4月 : 大阪市立大学 大学院経済学研究科 現代経済専攻 後期博士課程 入学
  • 2008年 4月 : 国立民族学博物館(総合研究大学院大学) 特別共同利用研究員 国内留学
  • 2009年 3月 : 国立民族学博物館(総合研究大学院大学) 特別共同利用研究員 修了
  • 2010年 3月 : 大阪市立大学 大学院経済学研究科 現代経済専攻 後期博士課程 修了

取得学位

  • 2000年 2月15日 : 学士(経済学) 独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構
  • 2003年 3月25日 : 修士(経済学) 大阪市立大学
  • 2010年 3月24日 : 博士(経済学) 大阪市立大学<課程博士> 題名「近代日本におけるミシンの導入と衣服産業の展開」

職歴

  • 2006年 3月 : 大阪経済大学 日本経済史研究所 研究協力員 (至2007年3月31日)
  • 2006年 10月 : 大阪経済大学 非常勤講師〔歴史学入門、日本の歴史〕(至2018年3月31日)
  • 2007年 4月 : 大阪経済大学 日本経済史研究所 研究員(至2016年3月31日)
  • 2008年 10月 : 奈良産業大学 非常勤講師〔日本経済史〕(至2010年3月)
  • 2009年 10月 : 大阪経済法科大学 非常勤講師〔日本経済史〕(至2012年3月)
  • 2011年 4月 : 大阪市立大学大学院経済学研究科 特任助教〔基礎演習、論文演習、イノベーティブ・ワークショップ〕(至2013年3月)
  • 2013年 4月 : 大阪産業大学 非常勤講師〔経済史、日本経済史、社会史、基礎演習〕(至現在)
  • 2016年 4月 : 追手門学院大学 経済学部 非常勤講師〔日本経済史1・2、経済史1・2、日本経済史〕(至2018年3月31日)
  • 2016年 4月 : 同志社大学 経済学部 嘱託講師〔日本経済史1・2〕(至現在)
  • 2018年 4月 : 園田学園女子大学 非常勤講師〔生活と経済〕(至現在)
  • 2018年 4月 : 龍谷大学 経済学部 非常勤講師〔経済史、日本経済史〕(至現在)
  • 2018年 4月 : 大阪市立大学大学院経済学研究科 特任助教〔基礎演習、論文演習、イノベーティブ・ワークショップ〕(至現在)