Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ペニス・シューズ : ヴィヴィアン・ウェストウッド

シェアする

広告

ペニス・シューズ : ヴィヴィアン・ウェストウッド 1995年

ペニス・シューズ 男根靴 は1995年にヴィヴィアン・ウェストウッドによって設計されました。この靴は彼女の 「エロティック・ゾーン」コレクションの一環で、12世紀の男性と女性が着用した長くて尖ったプーレーヌ poulaine を茶化したものです。

ペニス・シューズ : Penis Shoe, Vivienne Westwood, 1995 viaLinda O'Keeffe, Shoes: A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More, Workman Pub Co, 1996, p.490

ペニス・シューズ : Penis Shoe, Vivienne Westwood, 1995 viaLinda O’Keeffe, Shoes: A Celebration of Pumps, Sandals, Slippers & More, Workman Pub Co, 1996, p.490. (to Amazon.jp)

次は、14世紀または15世紀に製作されたと思われる靴プーレーヌ poulaine (Crakows) です。

ペニス・シューズとの比較 靴の一種 プーレーヌ poulaine (Crakows)

靴の一種 プーレーヌ poulaine (Crakows) via Crakows | British | The Met

余計な感想 : 踵後方の二つの房も含めて、足・靴トータルに男性局部を示しています。男根に注目すると、プーレーヌに比べると太くて堅いのでしょうが、前方の尖り具合ではウェストウッド完敗でしょう…。他に、爪先開きの靴に女性の…(以下省略)とか、そもそもこの作品は只のディルド(dildo)を装着しただけなので、そこはやはり阿部定を気取って2本とも実物にするべきだったのではないかとか…、変な想像ばかりしてしまいます。

LGBTの時代を考えればヴィヴィアン・ウェストウッドの方がプーレーヌ靴よりも用途は広がるかも知れませんが、いずれにせよ、この作品は話題性に引きずられるだけの安直過ぎるパロディーです。