Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

モードの世紀 : ファッションやモードに関する最高の記事をお届けします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モードの世紀

モードの世紀 : ファッションやモードに関する最高の記事をお届けしています。

映画、写真、歴史、雑誌、書籍…。面白い記事をみつけてください。

モードのニュース新着記事日記

モードの世紀は新しいファッション史をめざして躍動感あるスタイルを描きます。

ファッションの歴史が全てわかる! モードの世紀は新しいファッション史をめざして躍動感あるスタイルを描きます。

ファッション用語は難しい

ファッション雑誌や通販カタログの説明が分からない。服屋さんに行っても店員さんと会話が…(店員さんは分かってるの?)。ファッション(モード)の歴史や言葉は難しく、誤解がつきものです。

  • カタカナ多すぎ!
  • 語源や歴史は?
  • 素材の特徴なんて知らん!

このような問題や疑問を解決するために、モードの世紀はファッションの歴史や言葉を分かりやすく・詳しく説明しています。

説明で注意しているのは次の諸点です。

  • 漢字で説明できるものは漢字を優先
  • 漢字で説明しにくいものはカタカナに原語を加味
  • 内容が複雑なものは「ポイント⇒パターン⇒時系列発展」など
初めての方へ
初めての方へ初めての方へ : ファッション雑誌や通販カタログの説明が分からない。服屋さんに行っても店員さんと会話が…(店員さんは分かってるの…?)。ファッション(モード)の歴史や言葉は難しく、誤解がつきものです。 カタカナ多すぎ!

主題

2つの主題

「モードの世紀」は次の2点を主題にしています。

  • グローバル規模でミシンが普及し、衣服生産のあり方が変わった
  • 洋服の拡散、衣服の近代化、東アジア地域の洋服化、衣服と服装の関係

これらは主に「モードのコラム」や「モードの歴史」で展開しています。

衣服の近代化、東アジア地域の洋服化

近代化とともに日本は自分の古い伝統や風習を「道」として一本化していきます。その事例では、柔術、撃剣、茶、花がよく知られていますが、装もしかり。装道というのが流派に分かれて確立していきました。同時にルールをたくさん設定して蛸壺化していきました。

その辺に触れた記事は次です。ご関心をもっていただけましたら、ぜひご覧ください。

  1. 友禅のきもの 京友禅 岩下志麻 : 1972年9月
  2. 装道化(または和服の20世紀化)の例として、和服の洋服化 1 : 衿元・胸元と端折り
  3. 装道化(または和服の20世紀化)の例として、和服の洋服化 2 : 綿入の消滅とテーラリング化
  4. 和装の洋装化 : 羽織と下着の登場
  5. 着物の写真 : 1933年の写真をみて思うこと…(ケンブリッジ大学のファッション史家ペネロピ・フランクスの論文を批判した記事)

また、世界の民族衣装のなかで最も激しく洋服化したのが旗袍です。これについては「旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史」をご覧ください。旗袍は見ていて格好いいので、つい色々と調べてしまい約2万字になっていますが…。

旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史
旗袍 qipao とは、スーツを除けば旗袍は世界で最も知られた民族衣装です。スリット(開衩)、立領(詰襟、チャイナ・カラー)、斜め開きの襟(大襟)、首→右肩→右脇腹へ規則的間隔で留めるチャイナ・ボタンなどで有名なドレスです。旗袍の英語表記は qipao (チーパオ)。英語文献では長衫(cheongsam)、つまり長い着物と表記されることもしばしば。厳密にはチャイニーズ・ドレスですが、日本ではチャイナ・ドレスとよく呼ばれます。

モードの世紀は新しいファッション史をめざして躍動感あるスタイルを描きます。

課題

モードの歴史は文化史の領域で漠然と印象が述べられてきた過ぎません。当サイトではファッション文化に一つの確固たる基準を加えて述べ直すべきだと考えています。

そこでファッション文化にアパレル産業(衣服産業)や裁縫技術を関連させて記事を書いています。そしてファッションの歴史(モードの歴史)に新しい光を当てています。

具体的な課題は以下の通りです。

モードの歴史を簡潔に示す

世紀単位や10年単位で時間を区切り、その期間に持っていたおしゃれの方向性や重要な人物・アイテムを明確にしています。

⇒「モードの歴史」「モードの人物」「スタイル用語集

モードの世紀 : 私の本棚 座右の銘 イエローストラップガール 赤鉛筆

私の本棚 座右の銘 イエローストラップガール 赤鉛筆

ファッション用語を解明する

分かりにくいファッション用語やイメージしにくいアイテムを分かりやすく説明しています。

2017年1月から新しい記事を追加し、従来の記事も編集・修正して新たなサイト作りを進めています。2018年11月からは「スタイル用語集」を平日44回にわたり配信しています。

⇒「モードの基礎事項」「スタイル用語集

役立つ書籍を紹介する

写真資料の選別がしっかりした本や、文章中心の書籍でも説明が明解な本を紹介しています。

⇒「モードの書評

お勧めの作品を紹介する

既に入手しにくい作品や写真を雑誌や書籍などから紹介し、丁寧な説明を心がけています。

⇒「モードの映像」「有名デザイナーの作品」「アトリエ・レイレイの作品

サイトについて
サイトについて : モードの世紀を紹介しています。概要、課題、理念、経緯、運営者情報など。映画、写真、図書からモードを多角的に描写しています。ファッションの言葉や歴史には誤解が付きものです。私たちはファッションの歴史を扱った最高の記事と写真をお届けします。
footer-insert.php