過去の未来に登場したパコ・ラバンヌ

この記事は約9分で読めます。

過去の未来に登場したパコ・ラバンヌ

パコ・ラバンヌは、デザイナー自身であろうと、自分のブランドであろうと、逆説的です。 「未来的なファッションの先駆者」というフレーズを使えば、彼がデザインしたカスタムの金属鎧のようなスカートを説明することができます。彼の成果は彼のその後の剣の攻撃と同じくらい印象的です。ジュリアン・ドッセーナは、人々が作品を楽しみにする原因を背負っています。

伝統的な衣服は布地を糸で縫いますが、ラバンヌはテープ、ワイヤー、接着剤、さらには溶接を使います。仕立て屋の手にある針仕事は、ラバンヌにあってはペンチになりました…。

スペインには、世界に影響を与えた2人のファッションデザイナーがいます。1人はクリストバル・バレンシアガです。彼は魔法と革新によって世界を切り開きました。もう1人がパコ・ラバンヌです。二人は素晴らしい親近感をもっています。

経歴

ラバンヌの本名はフランシスコ・パコ・ラバネダ・クエルボ。1934年にスペインのバスク地方サン・セバスチャンに生まれました。バレンシアガの故郷であるゲタリアもまたバスク地方に属しています。

バレンシアガの母親はスペインでブランドを設立してから息子と一緒にいました。1936年に勃発したスペイン内戦により、バレンシアガはファッションハウスを閉鎖しました。

若いラバンヌはスペイン内戦で父親を失いました。バレンシアガと同じように、ラバンヌの母親は息子を連れてパリに逃げ、物語が始まりました。(1950年代にラバンヌの母はクリストバル・バレンシアガの主任裁縫師を務めました。)

大人になってから、ラバンヌはパリの国立美術学校「エコール・デ・ボザール・パリ」で建築を学び、ジュエリーやボタンの小片をデザインし、プラスチックやノベルティスタイルなどの非伝統的な素材への愛を示し始めました。ロマンスとエレガンスが当時ココ・シャネルに支配されていたパリでは、ほとんどのオートクチュール・ハウスがラバンヌの「奇妙な」デザインに興味を示さなかったのは残念でしたが、エルザ・スキャパレリ、ユベール・ド・ジバンシィ、クリストバル・バレンシアガは彼を歓迎しました。学生時代の積み重ねにより、卒業後、パコ・ラバンヌは30歳で名を冠したブランドを確立し、1966年に12点の「脱衣スカート」という最初のシリーズを立ち上げました。

スペース・エイジ

1947年、米国で「UFO」が最初に目撃されました。1950年代および1960年代には、「冷戦」「宇宙戦闘機」、「原子爆弾実験」などのニュースがヘッドラインを賑わせました。経済の回復、政治の浮き沈み、宇宙の未知の生命への恐怖により、若者はこれまでにないような気分になりました。SFが現象になったのもこの頃でした。戦争の悲惨さと現在の混乱を忘れるために、人々は未来について考え始め、社会生活のカットオフとしてのファッションは、自然と選択された「未来主義」を生み出しました。

この時期を3人のファッションデザイナーが先駆作用をもたらしています。まず、中国人がよく知っているピエール・カルダンです。次にマリー・クワントと機を一にしてミニスカートや白のブーツを流行らせたアンドレ・クレージュ、そしてパコ・ラバンヌです。ココ・シャネルは「ファッション業界のハード・メーカー」と呼びました。

作品の特徴

パコ・ラバンヌの12枚の「着衣不能スカート」はどれも、人々が慣れ親しんでいる「ファブリック」を使用せず、プラスチック・シート、メタル・チェーン、ビニール、レコード、紙に置き換えました。伝統的な衣服は布地を使用して生地を縫い合わせますが、ラバンヌはテープ、ワイヤー、接着剤による溶接を使用しました。仕立屋の手による針仕事は、ここラバンヌでペンチやハンマーになりました…。シャネルが言ったように、彼のスタジオは確かにハードウェア・ショップのようでした。

ラバンヌの衣装は古代戦士の鎧のようでした。。とくに、中世の騎士が身に着けていたチェーン・メールを連想させますが、ファッショナブルな光沢と垂れ下がった上質な金属チェーンでつながれた「チェーン・メール」ドレステクスチャーは、スカートをさらにセクシーにします。

パコ・ラバンヌは、世界で最初に金属でファッションを作るデザイナーであることに加えて、多くの前例のない作品を作り上げました。たとえば、ファッションショーのバックグラウンド伴奏として音楽を使いました。当時のファッションショーのほとんどにはバックグラウンドミュージックがありませんでした。また、着色された人々をモデルとして使用し、人工羊皮と偽毛を使用し、「デザイナー・ツールボックス」を起動して、自宅で使用できるようにします。パコ・ラバンヌのファッションを作るための金属製のリング、ディスクレコード、プライヤー、その他のツール…。

ファン

これらの大胆で前衛的な行動は、当時の若いアイドルが自然に求めていたものです。伝説的なアートコレクターであるペギー・グッゲンハイムは、ラバンヌの最初のゲストの1人でした。

ブリジット・バルドーは、1968年にシングル「コンタクト」のミュージックビデオを録音しながら、メタルインスタレーションの間にラバンヌのチェーンメール・ドレスを着ました。「コンタクト」はハミング・サイケデリック初期の前衛的なエレクトロニック・ミュージックでした。

同じ時期に、フランスで最も人気のあるロックシンガー、フランソワーズ・アルディもラバンヌのファンの1人でした。彼女もラバンヌのデザインしたメタル・スカートを繰り返し穿きました。このようなスカートはほとんど明らかにされていません。

1968年の映画「バルバレラ」で、将来の女性戦士を演じるジェーン・フォンダは、パコ・ラバンヌのチェーンメールのイメージに深く根づいており、このイメージで彼女とデザイナーはかなり有名になっています。

オードリー・ヘプバーンは、1967年の映画「いつも2人で」にてラバンヌの金属製スパンコール・ドレスで登場し、当時人気のあったヘビーブラック・アイライナーとともに、「ローマの休日」のエレガントで素朴な王女のイメージにマッチしました。

1970年代に時代の車輪が前進し続けたとき、人々が自然に憧れ始めたのは残念です。現実世界でユートピアをつくることの追求。女の子はもはやハードなファッションが好きではなく、「未来」の概念に夢中にならなくなりました。この場合、パコ・ラバンヌは、より柔らかい人工生地でファッションをデザインするなどの変更を試みましたが、あまり共有されませんでした。映画や劇場の舞台を除いて、実際の生活でラバンヌを着ている女性を見るのは難しいです。

引退

1999年、60歳を越えていたパコ・ラバンヌは最後のコレクションをリリースし、ブランドを売却し、ファッション業界に別れを告げました。

彼が常に情熱を注いできた「超自然現象」に焦点を当て、子供時代から引退までの彼のさまざまな「ソウルアウト」体験、およびこれらの体験が彼のファッション創造性にどのように影響したかについての本を出版しました。

彼はかつて、78,000年前に宇宙から地球にやって来たエイリアンであると言いました。彼の前の人生は、ファラオ・ツタンカーメンの殺人によるエジプトの犠牲でした。 1999年8月11日午前11時22分に、ロシアの宇宙ステーションがパリに墜落すると予言しました。ニュース・メディアは彼の発言を嘲笑し、人々は彼を「ワッキー・パコ(マッド・パコ)と呼びました。かつて彼を愛していた人々にとって、世界は手に負えない天才を失いました。

ブランド売却後、パコ・ラバンヌは香水部門でベストセラーになりました。インドのデザイナー、マニッシュ・アローラが少しテコ入れをしていますが、2013年までは、自身の救世主となるジュリアン・ドッセーナを引っ張りました。

ジュリアン・ドッセーナ

ドッセーナは、バレンシアガを務めたデザイナー、ニコラス・ゲスキエールと深い関係がありました。クリエイティブディレクターのニコラスの片腕としてドッセーナは一緒にいました。ゲスキエールがバレンシアガを離れたとき、ドッセーナは後に自分自身の扉を開きました。彼のデザインは、シックなセンスのSFスタイルを持っていますが、後者よりも実用的であるゲスキエールの影響が明らかです。 2013年9月と2014年3月にリリースされたドッセーナの最初の2つのパコ・ラバンヌ・コレクションを見るとひと目でわかります。ゲスキエールの施すバレンシアガとルイ・ヴィトンの新デザインはリンクしています。

運命はとても奇妙です。ラバンヌとバレンシアガの素晴らしい運命は、ドッセーナのなかで維持されています。しかし、ドッセナは過去に繰り返し敬意を払うだけではなく、未来への野心をもっているファッション・デザイナーです。「過去にこのブランドのイメージは非常に曖昧になりましたが、今ではそれを軌道に乗せて若者に属するブランドにするつもりです」。2014年のインタビューで、彼は「それ(パコ・ラバンヌ)は完全にバルマンやカルヴェンなどのブランドと競争できます。

ドッセーナは、パコ・ラバンヌを復活させる非常に賢い方法を選びました。チェーンメール、金属チェーンなどの古典的な要素は今でも存在しますが、彼は21世紀から新しい素材に切り替えて、今日の人々にとって難しすぎるこれらの鎧を再解釈し、快適な内なる村と一致させました。

2014年秋冬コレクションでは、千本の安全ピンを使用して真新しい金属製メッシュスカートを作成しました。シルクドレスの外側に着用して、異なる素材間の素晴らしい衝突を反映した中空効果を作成しました。かつてのぶら下がりチェーンメールは、人工の複合生地で再解釈され、セクシーな光沢を失うことなく、より軽く快適になりました。

2017年秋冬シリーズでは、3つのスカートを使用して、「古代と現代の会話」の設計能力を再び証明しました。そのうちの2つはパコ・ラバンヌの伝統的な手動の接続方法を使って細かい金と銀の金属スパンコールを縫いつけ、より柔らかい金属製のドレスを作成しました。もう1つは、グレーのスーツ生地と金属の生地で使って構造的にカットされたリングを互いにつなげています。現在の生活状態により合ったファッショナブルなスタイルになりました。

ジュリアン・ドッセーナがパコ・ラバンヌに当時の栄光を回復させるかを許可するかどうかは確かではありません。しかし、少なくとも彼は、ファッション業界に新しいアイデアを提供し、それは現在イノベーションのボトルネックに閉じ込められています。「未来」が過去に起こったとき、「過去」と「未来」が現在に絡み合っているとき、私たちは新しいアイデアと古いコンセプトを見るべきかもしれません。1960年代にパコ・ラバンヌによって開拓された未来的なスタイルは画期的で、彼の限界とその後の開発も恥ずかしいものでした。しかし、楽しみにしておく価値があるのは、今日のドッセーナが、人々が現在の生活状態により相応しいシリーズで、レトロさの少ない「未来主義」を見つけることができるようにする方法です。

出典 「ハーパースバザー」中国版、2017年9月号、126頁~129頁

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php