新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ニコラ・ジェスキエール : Nicholas Ghesquiere

ニコラ・ジェスキエール キーパーソン
ニコラ・ジェスキエール Nicholas Ghesquiere via Nicolas Ghesquière | LOUIS VUITTON

ニコラ・ジェスキエール

ニコラ・ジェスキエール Nicholas Ghesquiere は1971年にフランスに生まれたファッション・デザイナー。

ニコラ・ジェスキエール

ニコラ・ジェスキエール Nicholas Ghesquiere via Nicolas Ghesquière | LOUIS VUITTON

ジャンポール・ゴルチエのアシスタントや、ティエリー・ミュグレーのニット・ウェアのコンサルタントなどを経て、26歳のときにバレンシアガのヘッドデザイナーになりました。2003年現在で6年目(2012年に退任)。

2013年にマーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)の後任として、ルイ・ヴィトンの女性コレクションのディレクターに就職。

バレンシアガとの法廷闘争

ニコラ・ジェスキエールはバレンシアガ社との契約終了の2週間後に、イギリスのロンドンを拠点とするファッション誌『システム』で「慎みとデリカシー」を欠いたインタビューを繰返したと提訴。

そもそもバレンシアガ社はニコラに対する契約解除の賠償金として880万ドル(約8億9,000万円)を支払うことに合意していた。その交換条件がバレンシアガ社への誹謗を他言しないことだった。それをニコラ側が『システム』誌の一連のインタビューで約束を破ったという流れ。結局、2014年にバレンシアガ社はニコラを提訴し、10億円の賠償請求を行なった。

関連リンク

  • Nicolas Ghesquière | LOUIS VUITTON – ルイ・ヴィトンの公式ウェブサイト。ルイ・ヴィトンの女性コレクションの芸術監督に加わったニコラ・ジェスキエールの略伝。

introduced by Jo Ellison, written by Louise Rytter, Louis Vuitton: The Complete Fashion Collections (Catwalk), Yale University Press, 2018.

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php