大学時代にやってほしいこと!

パリ – モダニティの首都:インスタグラム「私の本棚」から

モードの世紀 : 本棚 my bookshelf 日記
思いきってファッション雑誌300冊と専門書100冊ほどを捨てました。気分も部屋もすっきり(2018年9月)。

同志社大学の学生にヒントをもらって、2019年2月10日からインスタグラムで私の好きな本を紹介しています。タグは「#私の本棚」です。ボイスレコーダーで入力しているので、つい説明がくどくなっています。

モードの世紀では、テーマ別にまとまった時点で数冊単位に小出しにしています。見出しに書名とインスタグラム投稿日を記しています。

1冊の紹介ごとに出版社かアマゾンの著書ページへリンクを貼っています。これらリンクをたどられましたら、興味を持たれた本の情報チェックや購入へ勧めます。

パリ – モダニティの首都:2月17日

デヴィッド・ハーヴェイ パリ モダニティの首都 大城直樹 遠城明雄 青土社

デヴィッド・ハーヴェイ パリ モダニティの首都 大城直樹 遠城明雄 青土社

ボイスレコーダーで、つい喋りすぎる…。先に奥付を。

  • デヴィッド・ハーヴェイ
  • パリ
  • モダニティの首都
  • 大城直樹
  • 遠城明雄
  • 青土社

タイトル

この本はアメリカの地理学者デヴィッド・ハーヴェイが書いたパリの近代史です。サブタイトルに「モダニティの首都」と書かれています。

フランスの首都ではなくモダニティの首都と書いたヒントは、ヴァルター・ベンヤミンというドイツの批評家のモチーフ「19世紀の首都パリ」という論文からヒントを得てるはずです。

ですから単にパリの近代史を述べているのではなく、それを通して近代化を考えようという意思が分かります。が、くどいです。

くどい本なので内容を簡単に紹介

この本はパリの下層社会がどれほど分厚い層で構成されていたとかを述べています。ハーヴェイの本はくどいので、私はこの本もつまみ食いしかしてません。

アパレルの下請業者たちが劣悪な労働条件のもと、ミシンの導入によって産業構造を変えさせられた点がよくわかります。ミシンを使うアパレル業者の縫製工たちも同じような労働条件だったは皮肉です。労働者は解放されなかった…。

辛うじて輝く1枚の画像資料:都市とは女性

繰り返しくどく言いますが、非常にくどくて分厚いです。本文が420ページほどで脚注が30ページほど。

この本の中で一番輝いてるのは339ページの図94です。

この本は下層社会を取り上げたとだけでなく、パリまたは都市を女性として捉えているのが優れています。この点はゴダールの「彼女について私が知っている二、三の事柄」をヒントにしたような具合。

かつてフロイトは経済学と家族構造を比較して考えました。父たるものが資本であり母たるものが土地だと捉えました。そこに出てくるのが子供つまり労働力です。この分析が非常に引っかかって私は随分と長い間、土地と女性、資本と男性という関係を考えてきました。

それに応えてくれたのがこの本であったと思います。

339ページにはイラストの説明として次のように書かれています。

パリはしばしば女性として表象される。ここでは縛り付けられ、無数の建設労働者たちが群がったものとして描かれている。

これまで紹介してきた山田登世子や、紹介していない鹿島茂といったフランスの文化史の人たち、彼ら彼女らの書いた19世紀フランスまたはパリのモード誕生のような歴史とは違って、モードの歴史を支えた土台について書いてる点で、高く評価できます。

パリ―モダニティの首都 | デヴィッド ハーヴェイ, David Harvey, 大城 直樹, 遠城 明雄 |本 | 通販 | Amazon
Amazonでデヴィッド ハーヴェイ, David Harvey, 大城 直樹, 遠城 明雄のパリ―モダニティの首都。アマゾンならポイント還元本が多数。デヴィッド ハーヴェイ, David Harvey, 大城 直樹, 遠城 明雄作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またパリ―モダニティの首都もアマゾン配送商品...

コメント

最新記事をメールで受信

記事の更新をメールで受信される場合にご登録ください(仮登録→登録の2ステップです)。2019年の3ヶ月間の1日平均更新数は3通です。プライバシーポリシー

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php