ミニスカート

この記事は約3分で読めます。

ミニスカート

このページではミニスカートの概要を説明しています。

ミニスカートとは、膝上丈のスカートやスカート部分のことです。ミニスカートは貫頭衣の時代からありました。貫頭衣は仕事着として室内着として兼用されていました。

仕事着と外出着と室内着に分化した20世紀の文脈では、ミニスカートは1960年代前半に出現した膝上丈スカートを指します。

ミニスカートの出現とともに、スカートの丈を示す言葉は床上から膝上に変わったと、よく言われます。そして1960年代には、膝上5センチ、10センチ、20センチなどのミニスカートが登場。やがてはマイクロ・ミニという半ケツ上体のミニスカートまで出てきます。

併用アイテム

1960年代の女性ファッションの大きな特徴が、ミニスカートの出現と同時に成立した脚の露出です。むき出しの脚を彩るために、次のようなものが付帯的に流行しました。

  • カラーストッキング
  • レース・花柄のストッキング
  • ロング・ブーツ
  • ストッキング・ブーツ

などです。

ストッキング:意味や歴史とタイツとの違い
ストッキングとは爪先から大腿部分を密着して覆う靴下のことで、主に編まれた靴下を指します。アングロサクソン語の木製編針(ストック stock =木の枝)を用いていたことが語源。日本語で長靴下、英語でhoseやhosieryといいます。
ブーツ:言葉の説明とシューズ・ブーティなどとの違い
ブーツ boots とは深靴・長靴のこと。足の踝よりも深くカバーする靴のこと。踝よりも下までの靴はシューズ、短靴。素材には、革、布、ビニール、ゴムなどが用いられます。形状には、紐で締める編み上げタイプから、ファスナーよって着脱するタイプ、ルーズ・フィットのタイプまで様々。

スカート周辺の状況

ミニスカートの流行とともにコートや下着などにもミニ丈のものが増えました。

ミニスカートは丈が短いだけでなく、スカートを小さく見せるという側面ももっています。この面から発展したのがヒップボーン・スカートで、ベルト位置をウエストラインからヒップボーンにまで落としています。

他方で、マクシ(マキシ)やロンゲットとよばれた丈の長いスカートも好まれました。ミニスカートの緊張感に対する倦怠感です。

去年のミニを新しく着るには:婦人画報 1971年1月号
去年のミニを新しく着るには : この特集は「婦人画報」1971年1月号の50頁から55頁までに載っているのです。このページで取り上げたのは50頁のみ。デザインは鈴木宏子、生地提供は銀座ストック商会、カメラは秋元茂によります。

関連記事

先にも言いましたようにミニスカートは1960年代ファッションの大きな特徴です。ミニとマキシでスカート丈は網羅されたので、その後のスカートは間を行ったり来たりするようになります。まさにミニスカートこそラストモダンを象徴するアイテムだったと絵います。

LastModernではミニスカートの記事や画像を多く取りあげています。いろいろ見て楽しんでください。

ミニスカートを生み出したアンドレ・クレージュの衝撃
アンドレ・クレージュはマリー・クワントと並んでミニスカートを生んだファッション・デザイナーといわれています。このページではアンドレ・クレージュの立場から、ミニスカートがどれほどの影響を世界に与えたかを概観します。
ミニスカートの考案者:クワントかクレージュか…あるいは?
このページでは、戦後のミニ・ドレスやミニ・スカートはどのように登場してきたのか、そして誰が普及させていったのかという点に絞って見ていきます。モードの歴史としてはミニドレスがあって、その後ミニスカートが追従したと思われます。
マリー・クワント:ミニスカートの女王&モッズ・ルックの元祖
マリー・クワントは、1934年、イギリスのブラック・ヒースに生まれたファッション・デザイナーです。1960・70年代のイギリスを席巻したミニ・スカートの女王、モッズ・ルックの元祖。1955年、キングズ・ロードにブティック「バザー」を開店。
アンドレ・クレージュ:構成的でシンプルなアイデアをもつデザイナー
アンドレ・クレージュは機能性を重視し女性の軽装を推進した前衛派の男性ファッション・デザイナーです。1965年のミニスカート(ゴーゴー・スカート)と平底ブーツ(ゴーゴー・ブーツ)、1967年の全身網タイツ、1972年のシースルーの上衣が有名。

他にもたくさんあります。

LastModern ミニスカート
検索

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php