新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

マイケル・ウールフェ : Michael Woulfe

マイケル・ウールフェ

マイケル・ウールフェ Michael Woulfe (1918–2007) は米国ニューヨーク市に生まれたファッション・デザイナーです。

職歴

ニューヨークの衣料品業界でスケッチ・アーティスト(スケッチ画家)やアシスタント・デザイナーとして仕事を始めました。その後、ハリウッドへ行き、ウィリアム・キャグニー・プロダクションズ William Cagney productions 製作の Blood on the Sun(東京スパイ大作戦)でシルヴィア・シドニー Sylvia Sidney に衣装をデザインしました。

その結果、同社と契約を結びました。同社に在籍している3年間にウールフェはRKO (Radio-Keith-Orpheum) を含む他社にも衣装を提供しました。

John Emery-Sylvia Sidney in Blood on the Sun

John Emery-Sylvia Sidney in Blood on the Sun via File:John Emery-Sylvia Sidney in Blood on the Sun.jpg – Wikimedia Commons

1949年に彼はRKOのヘッド・デザイナーになり、そこで1955年まで働きました。米国の映画プロデューサーのハワード・ ヒューズ Howard Hughes がRKOを買収した時、ウールフェはヒューズ・プロダクションズ Hughes Pruductions に移籍しました。

Blood on the Sun (1945) 2

Blood on the Sun (1945) 2 via File:Blood on the Sun (1945) 2.jpg – Wikimedia Commons

キーパーソン
しんいちをフォローする
Facebookでフォロー
この記事が気に入ったら最新ニュース情報をいいねしてチェックしよう!
プロフィール
この記事を書いた人
しんいち

岩本真一(いわもと・しんいち)1970年奈良県生まれ。近畿圏の大学で経済史や社会史を教えています。アパレル産業史を研究する傍ら、ファッションに関する文化史・哲学的なサイト「モードの世紀」を運営してきました。姉妹サイトに「ミシンの世紀」、著書に『ミシンと衣服の経済史』。

しんいちをフォローする
モードの世紀

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php