ファッションやモードの歴史を知るマスト本はこれだけ!

スタイリッシュなユニセックス子供服ブランド:meme(メム)

この記事は約4分で読めます。

meme.(メム)は大胆でスタイリッシュなデザインの子ども服ブランドです。

パパとママが安心して子どもに着せられる品質で子どもが快適に過ごせるお洋服を揃えています。ユニセックスをテーマにしています。

このカテゴリに紹介しているファッションブランドのなかで、強くこだわりを感じるお店です。

アピールポイント

  • ユニセックスのコレクション…男女の兄弟でもシェアでき、下の兄妹に受け継ぐことを願って製作。性別不問のデザインなので、出産前のプレゼントにも最適。
  • 子どもの成長スピードは様々!…子どもたちが動きやすいように少したるみを持たせたデザイン
  • 安全安心の材料…コットン、ウール、リネンなどすべてナチュラル素材を使用
  • メディアから注目…「ヴォーグ」誌・「ハーパース・バザー」誌などに掲載

デザイナー

フィリピン系アメリカ人のデザイナーリィナ・アカブ(Reina Acab)は、ロサンゼルスに本拠を置くシアトル・パシフィック大学を卒業しました。子供たちの間でジェンダー規範の社会化に挑戦するために、このアパレル会社を設立しました。

デザイナーの詳細やアトリエの様子はこちらをご覧ください。

Reina Acab ’14 - Seattle Pacific University
Behind the Scenes: Seattle Designer Reina Acab of Le Notre
It's no surprise that the modernist, minimal men's line comes from a modernist, minimal workspace.

メムのテーマ

meme.(メム)は長く受け継がれ、ご愛用していただくことを目標にしています。

日本語の「ボロ」からインスパイヤーされ、傷んだ時にどのように修復するか、どのように洗うと長持ちするか、などをサイトに紹介しています。兄弟や従姉妹や家族で受け継ぎ、思い出もシェアしていくことを願っています。

アメリカの歴史ではジェンダー中立の子供向け服装が社会的規範となっていた時代がありました。これを念頭において、メム(même)のキャッチフレーズは「兄弟姉妹の間でシェア」「あなたの子供とともに成長する服。着て、直して、時間を経て。季節から季節へ、年から年へ」です。

会員登録すると

次のようなメールが到着しました。暖かみを感じます。タイトル以外を日本語に訳しますね。

Welcome to the même. Family! 😊

私たちはあなたと一緒にいることをうれしく思います。

私たちはmêmeを始めました。兄弟姉妹同士がシェアする信念をもって。

私たちの目標は時代を超越した服を作ることです。これから数年間あなたの子供のクローゼットの一部になるでしょう。

製造工程における私たちの意図は、衣服を一年中着て、一緒に成長し、そして渡すことができるということです。長寿の鍵です。

私たちは子供たちが強さと自信をもつことを願って、ユニークなスタイルを通して創造性と想像力を提供します。

私たちの物語の一部になってくれてありがとうございさむす。ブログ、ニュース、新コレクションについて、最新情報をお送りしていきます。(【meme.(メム)】オフィシャルサイト

追記

会員登録後に2度目のメールが来ました。テーマを少し深く書いていますので日本語に訳して紹介します。

色は色、ズボンはズボン、ドレスはドレスだとmeme.(メム)は信じています。子供たちは自分が望むものを着てよいはずです。彼らの興味に制限を設けてはいけません。

meme.(メム)は子供への自信を刺激するために個性と想像力を強化することを望みます。そして、時が経てばこなれ、できるだけ長く着られる長持ちする製品を作っています。

ファッションの持続可能性への新しいアプローチとして、家族ができるだけ長期間にわたって自分の服を修理し再利用し愛するよう奨励したいのです。(【meme.(メム)】オフィシャルサイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php