マックス・リー : Max Rée

マックス・リー : Max Rée

マックス・リー Max Rée の概要

マックス・リー Max Ree はデンマーク生まれのファッション・デザイナーです。コペンハーゲン王立大学 the Royal University of Copenhagen で法学と哲学を学び、コペンハーゲン王立美術院 the Royal Academy of Copenhagen で建築家として訓練を受けました。

マックス・リー
マックス・リー Max Ree via Max Rée © Max Rée Collection, DFI

経歴

卒業後、ドイツのベルリンでマックス・ラインハルト Max Reinhardt と仕事し、1922年から1925年の間、 ミュージカルの Greenwich Village Follies, Music Box Revue,  Earl Carroll’s Vanities 等の衣装をデザインしました。1925年にリーは MGM社へ就職し、「イバニエスの激流」Torrent(1926年)、「明眸罪あり」The Temptress(1926年)の2作品でグレタ・ガルボの衣装をデザインしました。1927年から1929年にかけて、ファースト・ナショナル・スタジオ First National Studio の衣装部門のディレクターを務め、1929年から1931年までラジオ・ピクチャーズ Radio Pictures でアート部門の監督ディレクターを務めました。その後、リーは1935年にラインハルトと再び提携し、A Midsummer Night’s Dream 向けにワーナー社 Warners production に従事しました。

広告

あなたはこの記事のどこに興味をもたれましたか? 読まれて何か発見がありましたか?