マリー・クワント : Mary Quant

マリー・クワント : Mary Quant

マリー・クワント : ミニ・スカート, ミニ・ドレスの女王

マリー・クワント Mary Quant は、1934年、イギリスのブラック・ヒースに生まれたファッション・デザイナーです。1960・70年代のイギリスを席巻したミニ・スカートの女王、モッズ・ルックの元祖といわれます。

マリー・クワント
マリー・クワント via Mary Quant – Fashion Designer | Designers | The FMD

経歴

16歳の時、ロンドンの美術学校、ゴールド・スミス・カレッジの絵画科に進学。在学中に、夫であり最大の協力者でもある故アレキサンダー・ブランケット・グリーンを知りました。美術学校の教員資格試験に失敗し、ロンドンの帽子店に就職。

店舗展開

1955年、マリー・クワントはブランケットとその友人の3人で、キングズ・ロードに、ロンドン初のブティック「バザー」BAZAAR を開店。ここから、デザイナーの道を歩みはじめた。2年後の1957年、「バザー」 BAZAAR 2号店をナイツ・ブリッジにオープン。

イギリスのファッション・デザイナー  マリー・クワント の店舗「バザー」。ロンドン南西部のチェルシー、キングス・ロード。1966年8月25日撮影。

ミニ・スカートを発表

1959年、マリー・クワントは画期的なミニ・スカートを発表し、世界のミニ・スカート時代をスタートさせました。そのデザイン料は、当時の金額で400万ポンド(約32億円)。なお、フランスのオート・クチュールでは、1965年のコレクションで、アンドレ・クレージュがミニ・スカートを発表しています。ミニ・スカートはマリー・クワントとアンドレ・クレージュのどちらが先に開発したかについては論点が絞られていません。この点については「アンドレ・クレージュ」をご参照ください。

マリー・クワント、ドレス、1966–67年。
マリー・クワント、ドレス、1966–67年。Mary Quant (British, born London, 1936) Dress, 1966–67 via Mary Quant | Dress | British | The Met

多角化と多国籍化

1962年、マリー・クワントは洋服・下着のデザインに関し、JCペニーとライセンス契約を結び、アメリカ市場へ進出します。翌1963年には GIMEGER GROUP を設立し、マリー・クワントのデザインによる洋服製造と卸売業を世界的規模で着手しました。1966年、「マリー・クワント・コスメティックス」を発表。1970年には、インテリアとテキスタイルのデザインも始めました。1971年には、日本で化粧品の販売を開始し、翌年に初来日。日本では、1983年にマリー・クワント・コレクションとして、レオタード、タイツ、ソックス、レッグ・ウォーマーの販売が開始された。なお、85年に、フランスのプレタ・ポルテ・ファッション連盟から賞を受賞。

イギリスのモデル ツィギー。身につけているのは、薄ピンク色のミニ・ドレスと大きな安物飾り風イヤリング。1966年12月3日、ポッパー・フォト撮影。

現在、マリー・クワントは、インナーウェア、靴下、帽子、インテリア小物から、コスメティックスまで、あらゆる分野の商品を手がけ、ビジネスとしても大いに成功しています。中でも、化粧品では、「ノン・ルール・メイキャップ」(好きなときに好きな色を使って化粧する)というキャンペーンを打ち出すなど、自分のためのお洒落という観点を強調するのが特徴的。

与えた影響

マリー・クワントは、ミニ・スカート、カラー・タイツ、ロング・ブーツ、スキニー・パンツ、ヒップ・ボーンなど、1960年代を代表するさまざまな新しいファッションを生みだし、当時、世界で最も影響力をもつデザイナーといわれました。1966年、外貨獲得の功に対し、ビートルズとともに、エリザベス女王から第4等英国勲章を受章しています。敬愛するデザイナーはガブリエル・シャネルで、働く女性のためのスタイルづくりにおいてマリー・クワントとガブリエル・シャネルには共通点があります。

1971年8月21日、イギリスのロンドン。3人のモデルがマリー・クワントの最新デザインをロンドンのファッション・ショーで披露。左: 「春の到来」、クレープ地のスケート風スカート、上衣と同生地。中: 「ペパーミント」、赤色のショーツにカラフルなストライプのベスト。右: 「ディジー・リジー」、赤色のクレープ地の巻衣に襞状スカート。

マリー・クワントの信条は「古いルールへの反抗」。この信念は、後に「ミニ・スカートの女王」、「モッズ・ルックの元祖」と呼ばれる所以となり、ロンドンを、世界でもっとも影響力の大きいファッション・センターに作り変えました。ファッション常識をくつがえしたマリー・クワントのアイデアは、先述のカラー・ストッキング、ロング・ブーツをはじめ、シャギー・セーター、ビニール加工のレイン・コート、リブ・セーター、ホット・パンツなどの他、デニムをファッション素材にすることで、ファッション界に目くるめくばかりの衝撃波を投げかけました。

広告

あなたはこの記事のどこに興味をもたれましたか? 読まれて何か発見がありましたか?