Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

メアリー・マクファデン : Mary McFadden

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メアリー・マクファデン

メアリー・マクファデン Mary McFadden はニューヨークに生まれたファッション・デザイナー。ウーマンズ・ウェア・デイリー(WWD)が選んだアメリカのトップ・デザイナー12人中の1人。

メアリー・マクファデン Mary McFadden

メアリー・マクファデン Mary McFadden via Mary McFadden – Fashion Designer | Designers | The FMD

幼い頃をテネシー州の綿花の農園で過ごし、エコーレ・ルーベック(フランス)やコロンビア大学で学んだ。

1962年、クリスチャン・ディオールのニューヨーク支社に入ってPRディレタターを務めたのち、1964年にアフリカに渡り、ヨハネスブルグで「ヴォーグ」誌(南アフリカ版)の編集者になった。アフリカ芸術に心をひかれ、中国や日本などのオリエンタル・ムードの服作りに発展する端緒となった。1970年にニューヨークに戻り、アメリカ版「ヴォーグ」の編集者になり、アフリカや中国の服がヒントになったチュニックを紹介し、へンリー・ベンデル店、に買い上げられた。

メアリー・マクファデンは、1976年にニューヨークの西35番街にメアリー・マクファデン社を設立、同年にコティ・アメリカ・ファッション批評家賞を受賞した。同じ頃、インテリア・ファブリック、壁紙の部門でも成功し、インテリア界のコティ賞といわれるロスコー賞を受賞している。

かたわら、パーム・ビーチ美術館長を務め、文房具・絨毯・ランジュリーのライセンスを持つほどの幅広い活躍を続けている。日本の布地を愛し、イタリアの服地と並んで彼女の既製服の主要素材になっている。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php