モード史を知るためのマストブック

女王の告白:帰って来た女王 マドンナの告白

マドンナ エル 日本版、2006年4月号。Madonna, elle, Jp, April 2006 写真批評
マドンナ エル 日本版、2006年4月号。Madonna, elle, Jp, April 2006
この記事は約5分で読めます。

女王の告白 : マドンナのすべて

このページでは「エル・ジャポン」2006年4月号に掲載されたエル・フランス版記者マリオン・ラギアーリによるインタビューを紹介しています。日本語版の46頁~51頁です。

帰って来た女王 マドンナの告白

彼女こそはスター中のスター。

頂点に立ちながら、絶え間なく変化する女性その秘密はいったいなんなのだろう?

フランス版エルのジャーナリスト、マリオンが永遠のスーパースターに独占インタビュー。

女王が赤裸々 に語った、キャリアの秘訣、家族との関係、 そして現在の心境とは?

キャスト

  • Photo GILLES BENSIMON ジル・ベンシモン
  • Styling ARIANNE PHILLIPS アリアンヌ・フィリップス
  • Hair ANDY LECOMPTE for Solo Arists アンディ・レコムテ
  • Makeup GINA BROOKE for Caliente Beauty ジーナ・ブルック カリエン・ビューティ
  • Text MARION RUGGIERI マリオン・ラギアーリ
  • Model: マドンナ(Madonna)

表紙

女王の告白 : マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナ 『エル・ジャポン』アシェッド婦人画報社、2004年4月号

ジーンズ : プラダ

イヤリング : シャネル・ファイン・ジュエリー

ブラ : ラ・ペルラ

クロシェ・ハット、ベルト : レリク

シルク・ジャケット

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

シルク・ジャケット : ザック・ポーゼン(Zac Posen)

シルバーとセラミックのブレス : ジョン・ハーディ(John Hardy)

リングとして使用したリザードのブローチ : バトラー・アンド・ウィルソン(Butler & Wilson)

網タイツ:カペジオ(Capezio)

ヴィンテージのベレエ帽:レリク(Rellik)

ヴィンテージのレオタード

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

ヴィンテージのレオタード:フロム・ザ・ウェ・ウィ・ウォア(From the Way We Wore)

シフォン・ブラウス:ドルチェ・アンド・ガッバーナ(D&G)

ブラジャー:ラ・ペルラ(La Perla)

バングル : アレクシス・ビッター(Alexis Bittar)

網タイツ:カペジオ(Capezio)

ヴィンテージのサテン・ショーツ:レリク(Rellik)

ベルト:ハリウッド・トイズ・アンド・コスチュームス(Hollywood Toys and Costume)

フラワー・ピン:ドルチェ・アンド・ガッバーナ

レザー・トリムのホールター・ネック・ドレス

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

レザー・トリムのホールター・ネック・ドレス:フェンディ

ダイヤモンドのイヤリング:シャネル・ファイン・ジュエリー

シルバーとセラミックのブレス:ジョン・ハーディ(John Hardy)

サテンのVネック・ドレス

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

サテンのVネック・ドレス:コステロ・タグリアピエトラ(Costello Tagliapietra)バーニーズ・ニューヨーク(Barneys New York)

イエロー・ゴールドのブレス:ララ・ボヒンク(Lara Bohinc)

ヴィンテージのレオタード

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

マドンナのすべて / Madonna, elle, Jp, April 2006

サテンのパンツ:エトロ

ペンダント・ネックレス:バカラ

ヴィンテージのレオタード:フロム・ザ・ウェ・ウィ・ウォア(From the Way We Wore)

ベルト:ハリウッド・トイズ・アンド・コスチュームス(Hollywood Toys and Costume)

インタビュー 名言

エル・ジャポン

スター呼ばれる存在になって、 その世界でずっと生活動していると、 すべてが結局は幻想にすぎず、何も意味していないという真実を、誰も教えてくれなくなるの。むしろその逆で周囲はもっとスターとして振る舞うように要求するし、そういう振る舞いをすればするほどもてはやす。そうなるとまさに悪循環で、自分の名声なるものが現実だと勘違いしてしまうわけ。やめるにはそこから抜け出すしかない。

空虚なものを周囲のカスどもがもてはやしてスターとメディア・ファンという関係ができるわけですね。これはマルクスの述べた主と奴の関係と同じ構造です。

カバラはもともと、「KEBEL」 という言葉からきている。「受け取る」という意味よ。 受け取ったものは還元しなければならない。 簡単に言ってしまうと、カバラが教えているのは、 あなたが行うことすべて、口にする言葉のすべては、世界に影響を与える、ということなの。それを一度認識してしまうと、自分の言動に責任を感じずにはいられなくなるし、何かをする前にじっくり考えるようになる。人生に対する見方が大きく変わるのよ。

マドンナの信じるカバラは言動の影響力を重視しているとのこと。言動への責任を感じるだけでなく、言動の前にじっくり考えるというスタンスが良いですね。

武器を手放さず、他人の言うことなど気にせず、自分をとことん信じろ。集中あるのみ

この言葉を私の教え子たちに強調したいです。

マドンナ 『エル・ジャポン』アシェッド婦人画報社、2004年4月号

エル・ジャポン(ELLE JAPON)
時代の半歩先を行く、ファッショナブルな国際派女性のために、ファッション、ビューティ、カルチャーを3本柱にさまざまな最新情報を提供。都市型で、好奇心に満ち、ファッション志向の高い読者が特徴。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php