モード史を学ぶマストブック10冊

参考データベース

参考データベース Reference database
この記事は約6分で読めます。

参考データベース:ファッション関係のデータベース

参考データベース:衣服・都市生活をはじめ、モード、ファッション関係の記事を書く際に便利なデータベースや、個人的によく使う閲覧するデータベースを一覧にしています。研究用データベース、画像データベース、ウェブツール・ウェブデザインなどです。

衣服・都市生活などのデータベース

  • The Metropolitan Museum of Art(メトロポリンタン博物館) – 美術品のデータベース。所蔵作品を詳細な属性を含めて検索・閲覧できる。作品は取引条件・利用条件ページに基づいた引用ができる。先史時代から現在および世界中のあらゆる地域から5千年にわたる200万点を超えた芸術作品を収蔵。
  • Victoria and Albert Museum(ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館) – 衣装、織物、写真その他の芸術品・装飾品のデータベース。所蔵作品を詳細な属性を含めて検索・閲覧できる。作品は取引条件・利用条件ページに基づいた引用ができる。アートとデザインを中心に5,000年以上にわたる230万点を超えるアイテムを収蔵。
  • IMDb – Movies, TV and Celebrities – IMDb – 映画情報データベース。世界で最も権威ある映画コンテンツの情報源。衣装デザイナーに関する情報もそこそこ。
  • 身装画像データベース <近代日本の身装文化> – 和装と洋装が拮抗したダイナミックな期間である1868年~1945年までの日本を対象とした身装関連の画像データベース。その文化変容の様子を、当時の新聞小説挿絵、写真、図書中の図版、ポスターなどで提示。
  • 近代日本の身装電子年表 – 洋装がまだ日常に定着していなかった1868年〜1945年の日本を対象とした身装関連の電子年表。「事件」と「現況」、「各年の画像」、「回顧」で構成され、情報は、当時の新聞記事と身装関連雑誌から収録。
  • 身装文献 – 身装文化に関する雑誌記事、図書の索引情報。1)服装関連日本語雑誌記事(カレント),2)服装関連日本語雑誌記事(戦前編),3)服装関連外国語雑誌記事,4)服装関連日本語図書,5)服装関連外国語民族誌で構成。
  • FOTOE 图片库(FOTOE図片庫) – 中国国内の画像データベース。出版業への画像供給とカメラマンの交流が主目的。
  • 上海历史图片搜集与整理系统(上海歴史図片捜集与整理系統) – 上海市哲学社会科学规划专题研究课题の一環で運営されている画像データベース。都市、映画、明星その他。市民生活、服饰、妇女、黄包车、交通运输工具などのキーワード設定もされている。
  • 村寨網 ─ 中國西南少數民族
  • Architecture & Patrimoine – フランス国内の 家具・工芸品に関する画像データベース。
  • National Portrait Gallery(イギリス国立肖像画美術館 – イギリス史に関する肖像画・肖像写真のデータベース。イギリスのロンドンにある国立美術館の別館が運営。1896年に開館し、イギリス史に残る人たちの肖像画と肖像写真を中心に収集している。
  • modetheorie.de:&nbsp;Start – モード理論(ファッション理論)にの包括的な参考文献群。約500年の期間をカバーし、継続的に国際的な文献によって補完されているテキスト・データベース(著者、本文、概要)。Friedrich Vischerの諸論考やThorstein VeblenのThe Economic Theory of Woman’s Dress等も収められている。
  • DuPont Magazine | Hagley Digital Archives – 1913年から2003年にかけて刊行されたデュポン・マガジン(DuPont Magazine)の全文デジタル・アーカイブ。製品情報、ダイナマイト、採石場、弾薬、プラスチック製品、自動車の付属品、ナイロン・ストッキングとファッション、家庭用品などのトピックと関連広告。
  • Singer Sewing Machine Trade Cards | Flickr シンガー社ミシンの広告カード。1900年頃。このように集めてもらうと助かります。

映画のデータベース

  • La Cinémathèque française – フランス政府が多くを出資する大規模なデータベース「シネマテーク・フランセーズ」。検索アイコンに映画のスタッフ名やキャスト名などを入れてみて下さい。膨大に出てきます。このサイトや同名の運営組織については「シネマテーク・フランセーズ – Wikipedia」をご参照ください。

研究全般のデータベース

  • 国立国会図書館デジタルコレクション – 戦前に刊行された図書を中心にデジタル化された資料を検索・閲覧できるサービス。旧近代デジタルライブラリーもこちらに含む。
  • アジア歴史資料センター – 近現代の日本とアジア近隣諸国との関係に関わる歴史資料(目録・画像)をインターネット上で提供する電子資料データベース。
  • CiNii Books – 全国の大学図書館等が所蔵する図書・雑誌の情報を検索できるサービス。
  • 中国知网 – 中国内の学術文献、外国語文献、学位論文、新聞、会議、年鑑、辞典、書籍などの網羅的な全文データベース。低料金だが1頁あたり料金が発生する。
  • 国家哲学社会科学学术期刊数据库 – 中国社会科学院、北京大学、南京大学の期刊雑誌をはじめとする人文科学、社会科学の論文データベース。
  • 日本法令索引 – 1886年以降の法令の制定・改廃、帝国議会・国会に提出された法案の審議経過など

画像データベース

  • Flickr – ほぼ世界最大のオンライン写真管理と共有アプリケーションを実現するウェブサイト。
  • Photo InFlickrcreative commonsiStockphoto promo codeで集められた画像を用いた画像データベース。利用にあたり有料・無料の別がある。使用したい画像を洗濯すると利用コードが自動で生成されるので便利。
  • Pixabay – 無料画像・映像のデータベース。1,300,000点以上の高品質な写真、イラスト、ベクター・イメージを提供。商用利用も可能でクレジットの表記も必要ないという感謝感激のデータベース。
  • Free stock photos · Pexels – 無料のストックフォト。商用利用は無料、帰属の必要なし。Pixabay並みの感謝データベース。
  • White Background Images – Download Free High-Quality Images – HD白背景の画像だけを集めたベスト・コレクション。エレクトロニクス、コンピュータ、食品、アパレルをはじめ、様々な画像を提供。

ウェブツール・ウェブデザイン

footer-insert.php