モード史を学ぶマストブック

大阪市立大学 経済学部 基礎演習

大阪市立大学
この記事は約4分で読めます。

科目の主題

この科目の主題は、ミシンの聴き取り調査をもとに、個人史と経済史を結びつけていくことです。

また、その結びつける過程で、今後学んでいく経済学の色んなテーマを知って下さい。

ミシン・アンケートの要領」をご参照ください。

第14回の授業を過ぎてから報告書を提出します。

授業の到達目標

この科目の到達目標はリスニング能力とサーチング能力とトーキング能力を高めることです。

  1. リスニング能力…ミシン所有者の話や科目担当者のコメントをきちんと聴けるようになりましょう。場合によってはメモしましょう。
  2. サーチング能力…ミシン所有者の記憶が飛んでいる場合や細部が思いだせない場合は、それを埋めるために所有者とともに記憶をたどっていきましょう。そのためにはトーキング能力をはじめ、質問能力や現地視察能力や文献・ネット調査力も必要です。また、科目担当者のコメントやアドバイスによっては、あなた自身で文献やインターネットで調べて、コメントやアドバイスの意味や意義を深めます。
  3. トーキング能力…1と2で得られた知識や流れについて、時間、ミシン所有者の人生段階、地理などの複数の区分を用いて分かりやすく説明できるようになりましょう。

授業内容・授業計画

授業は、(1)聞き取り調査の報告、(2)それに対するコメントやアドバイス、以上2点を繰り返します。随時(3)小テストを挟みます。

  • 第1回_ガイダンス
  • 第2回_聞き取り調査の報告(1)
  • 第3回_ミシン所有者、現在の使用の有無や制作物
  • 第4回_所有ミシンの製造会社
  • 第5回_所有ミシンの機種
  • 第6回_ミシン機種別の用途
  • 第7回_小テスト(1)
  • 第8回_聞き取り調査の報告(2)
  • 第9回_ミシン購入の経緯
  • 第10回_ミシン技術習得の経緯や習得先への移動
  • 第11回_ミシン技術習得先の歴史(学校、工場、所有者の親戚など)
  • 第12回_ミシン技術利用先の歴史(勤務先工場、教師としての裁縫教室など)
  • 第13回_小テスト(2)
  • 第14回_聞き取り調査の報告(3)

事前・事後の学習の内容

事前学習として聴き取り調査とその吟味を行ないます。

事後学習として担当者のコメントやアドバイスをてがかりに、再度聞き取りを行なったり、文献調査やインターネット調査をしたりして、以前の聴き取り調査を補足します。

評価方法

平常点が50%、報告書を50%で評価します。平常点は次の諸点を見ます。

  • チャイムが鳴ってから、学生同士の会話によって担当者の開始の挨拶や会話を遮らないかどうか、
    寝ないか、私語しないか、等々
  • 他人の報告や、それに対する担当者のコメントやアドバイスをも、しっかりと聴いているか、メモしているか
  • この科目をつうじて以前の聴き取り調査を超える知識や流れを学んでいるか

テキスト又は参考書

指定しません。

参考文献は随時紹介します。

受講生へのコメント

ミシンを持っている方や使われた方への聞き取りをつうじて、ミシンの購入とミシン技術の習得に関係する奥深い経済関係を知っていって下さい。

ミシンを購入するにはお金が必要です

お金の調達先・調達経緯には貯蓄・贈与・ローンなどの金融事項が関わります。また、購入する店舗にも、立地(経済地理学)、開店年(経済史)、開店資金(金融)、在庫台数(在庫管理)・売上台数(企業戦略)、系列メーカー(経済史・経済組織)といった様々な経済学の主題が関わっています。その上で、ミシンを購入した時にどうやって誰が運んだか(交通)も関わります。

ミシンの技術を習得するにはお金や労働が必要です

たとえば、あなたの祖母がその母からミシンの使い方を教わったなら、その母(つまり曾祖母)はどこで学んだかというルーツをできるだけサーチングする能力が大切です。

その延長線上には必ず、学校や工場といった組織から学んだ(労働組織、教育組織)、あるいは戦前にラジオ講座や雑誌・書籍から学んだ(電波技術や印刷技術)など、ご家族や知人を超える事項が出てきます。19世紀中後期にミシンを普及させたのはミシン会社でありアパレル業者であり洋裁学校だったからです。そして、職場や学校にどうやって通ったか(交通)も関わります。

以上のような広がりを楽しみにして、自分の聴き取りに励んでほしいのと、自分以外の学生諸氏の報告や担当者の発言にも留意して、あなたの世界を広げていって下さい。

講義資料・関連資料の配布ページ

  • 「基礎演習」(Yahoo!ボックス)

関連リンク

連絡事項

履修生の方へ

下のページでは私の授業(講義・演習)を紹介しています。

履修生の方はこれを読んで私の授業の雰囲気をつかんで下さい。

授業紹介:履修のメリット・感想・推薦図書・担当者情報
履修生の方へ : このページでは私の授業(講義・演習)を紹介しています。成績評価方法などは各大学・各科目のシラバスに記載した内容を優先して下さい。授業日誌や関連記事などの新着情報をフォローしてスムーズに学習してください。

大学時代にやってほしいこと

下のページでは、大学時代にやってほしいことや大学生活を楽しく送るコツのようなものを書いています。ぜひご覧になって興味深い記事と出会ってください。

お探しのページは見つかりませんでした | モードの世紀
モード・ファッションに関するベスト記事を配信

モードの世紀ではとくに動画見放題のサービス利用海外留学・海外旅行を大学生に強く勧めています。簡単な紹介記事を書いているので、併せてご参照ください。

footer-insert.php