大阪市立大学 経済学部 イノベーティブ・ワークショップ

シェアする

大阪市立大学 経済学部 イノベーティブ・ワークショップ

大阪市立大学 経済学部 イノベーティブ・ワークショップ : 2018年度前期・2018年度後期

大阪市立大学 経済学部 基礎演習

大阪市立大学

科目の主題

本科目の主題は、アパレル産業やファッション文化の現状を題材に現代世界の経済状況を理解することです。そして、パソコンを用いて文書ソフトや表計算ソフトの使い方を学ぶことです。

授業の到達目標

目標は「科目の主題」を他の題材に応用できる能力を身につけることです。そして、古くは中国の経済・技術・文化が今なおどのような形で日本に影響を与えているか、事実と想像を豊かにしましょう。そして、近現代に欧米からの経済・技術・文化が広く深く浸透してきた点も併せて考えられるようになりましょう。

授業内容・授業計画

授業内容の一つは輪読です。アパレル産業の現状やファッション文化のあり方を理解します。もう一つの内容は調査と分析です。昨今のファッション雑誌の変化を時系列に沿って情報整理し、それを表計算ソフトに入力した上で要約と分析を行ないます。授業ではそのやり方や助言を行ないます。

  1. 演習の説明、学習に便利な図書館・ウェブ・文献などの紹介、担当者の自己紹介
  2. 輪読 ミシェル・リー『ファッション中毒』
  3. 輪読 ミシェル・リー『ファッション中毒』(続き)
  4. 輪読 ピエトラ・リボリ『あなたのTシャツはどこから来たか?』
  5. 輪読 ピエトラ・リボリ『あなたのTシャツはどこから来たか?』(続き)
  6. 討論 テーマの設定、グループの設定、課題の説明
  7. 報告 雑誌分析(第1回)
  8. 輪読 ロラン・バルト『モードの体系』
  9. 輪読 ロラン・バルト『モードの体系』(続き)
  10. 輪読 ロラン・バルト『モードの体系』(続き)
  11. 報告 雑誌分析(第2回)
  12. 報告 雑誌分析(第2回続き)
  13. 報告 雑誌分析(第3回)
  14. 報告 雑誌分析(第4回)
  15. 総括

事前・事後の学習の内容

事前学習としてテキストを読み、1章あたりA4用紙1枚に箇条書きで要約します。事後学習として、あなたが選定したアパレル雑誌やファッション雑誌のデータ整理を行ないます。ワークショップのテーマとグループを設定した後はデータ整理を広く進めていきます。

評価方法

事前要約、報告内容、期末論文の点数で成績を出します。

テキスト又は参考書

テキスト:指定しません。

参考書:「授業内容・授業計画」に記したもの。他の文献は演習中に紹介します。

受講生へのコメント

素早く情報や知識に触れる能力と、立ち止まって情報や知識を消化する能力の二つを学びとって下さい。

講義資料・関連資料の配布ページ

  • 「イノベーティブ・ワークショップ」(Yahoo!ボックス)

関連リンク