ファッションやモードの歴史を知るマスト本はこれだけ!

ジュール・フランソワ・クラエ:ランバンの元主任デザイナー

この記事は約1分で読めます。

ジュール・フランソワ・クラエ

ジュール・フランソワ・クラエ Jules-François Crahay)は1917年、ベルギーに生まれたファッション・デザイナーです。

1954年にニナ・リッチの店でチーフ・デザイナーを務めたのち、1963年にランバンの店に移籍。前任のカスティヨの病気休養のあとを継いで主任デザイナーとなりこの店の名声を一層高めました。

落ちつき、若々しさ、気品のある念入りなドレスが特徴。既製服の技術指導のために来日したことがあります。

1962年、ニーマン・マーカス賞受賞。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php