ジャンポール・ゴルチエ : Jean-Paul Gaultier

シェアする

広告

ジャンポール・ゴルチエ

ジャンポール・ゴルチエ Jean-Paul Gaultier は、1952年にフランスのパリ近郊アルクイユに生まれたファッション・デザイナーです。仕立屋兼美容師だった祖母の影響のもと、熊の縫いぐるみ「ナナ」をモデルに、化粧や染髪を施していました。また、祖母のサロンで、キャバレー「フォリー・ベルジェール」のショーをテレビで観て、その衣装の奇抜さと豪華さに魅了され、デザイナーを志望。当時の一流デザイナーたちに自分のデッサンを送り続け、18歳でピエール・カルダンに採用されました。

独立

ジャンポール・ゴルチエは、1年間ピエール・カルダン社でアシスタントとして勤務した後、ジャック・エステレルのもとで経験を積み、ジャン・パトゥ社では、ミシェル・ゴマ、アンジェロ・タルラッチのアシスタントをしました。以後、ピエール・カルダンの店舗へ戻り、後、独立してフリーランスに。

1976年、ジャンポール・ゴルチエの名でコレクションを発表。1978年には、オンワード樫山と提携し、本格的な活動を展開。当時の作風は、モード界のさまざまな規範に反旗を翻したものが多く、空き缶のブレスレットや、サテンのビスチェにビニールのパンツを合わせた作品など、素材間に存在するヒエラルキー(秩序)を揺さぶるものが多い。

ジャンポール・ゴルチエ ボディ・スーツ コットン

Bodysuit, Jean Paul Gaultier, cotton, 1994. ボディ・スーツ、ジャンポール・ゴルチエ、コットン via Jean Paul Gaultier | Bodysuit | French | The Met

セクシャリティ指向へ : 1980年代半ばから

1980年代半ばからは、男女のセクシャリティーへの問題提起をテーマにした作品が増えます。1984年春夏のメンズ・コレクションでは、「オム・オブジェ」を発表し、観られる対象としての男性を強調しました。また、レディースでは、マドンナ Madonna のワールド・ツアーで有名なコーン・ブラをはじめ、SM的なボンデージ・ファッション、フェティシズムを喚起するコルセット・ドレスなど、ジャンポール・ゴルチエにはセクシャリティーを強烈に表現した作品が多いのが特徴です。

ジャンポール・ゴルチエ

「ジャンポール・ゴルチエがデザインしたマドンナ用衣装コーン・ブラ。2013年8月29日、イギリスのマンチェスターでハードロック・カフェのハードロック・クチュール展に展示されました」。”Madonna’s cone bra costume designed by Jean Paul Gaultier is displayed as part of Hard Rock Cafe’s Hard Rock Couture exhibition on August 29, 2013 in Manchester, England.”

2001・2002年秋冬でジャンポール・ゴルチエは、袖、ベスト、パンツの裾、スカート、ガードルといった服のパーツをまとめたパッチワーク風の作品を発表。オート・クチュール参加は、1997年から。現在のゴルチエは、プレタ・ポルテの「ジャンポール・ゴルチエ」、オート・クチュールの「ゴルチエ・パリ」、ユニセックスのセカンド・ブランド「JPG」、子供向けの「ジュニア・ゴルチエ」、カジュアル「ゴルチエ・ジーンズ」、香水「ジャンポール・ゴルチエパルファム」、「ジャンポール・ゴルチエ・クラシック」。

ジャンポール・ゴルチエ アンサンブル 2008-2009秋冬コレクション

アンサンブル、ジャンポール・ゴルチエ、2008-2009秋冬コレクション via Jean Paul Gaultier | Ensemble | French | The Met

映画衣装・舞台衣装

ジャンポール・ゴルチエの映画衣装・舞台衣装では、マドンナ、イヴェット・オルネルらのステージ衣装をはじめ、ピーター・グリーナウェイ『コックと泥棒、その妻と愛人』、ヴィクトリア・アブリル『キカ』、リュック・ベッソン『フィフス・エレメント』などの映画の舞台衣装が有名。最近は、これらの服飾デザインのほかに、音楽や映像の分野でもタレント性を発揮している。2000年秋に東京の上野守美術館で開催された、来場者参加型の展覧会が大成功を収めている。

下着ルックやアンドロジナス・ルックなど、アヴァンギャルドと古典主義が融合した作風は、パリ・コレクションにおいて数多くのジャーナリストたちから賞賛され、ジャンポール・ゴルチエは、1980年代を代表するデザイナーとして脚光を浴びました。ベーシックな服作りを基本に、歴史服やエスニックからのアイデアを自在に混在させるのが得意です。1987年、オスカー賞受賞。

関連リンク