【新サイト】LastModern 60年代ファッションの図書館

ジャン・デセ:フランス既製服発展の口火をきる

ジャン・デセ人物と企業
この記事は約2分で読めます。

ジャン・デセ

ジャン・デセ Jean Dessès は、1904年にエジプトのアレタサンドリア市に生まれたファッション・デザイナー。「ジャン・デセー・ディヒュージオン」(「ジャン・デセーの普及版」の意)の名称で低価格の服を大量生産して、フランス既製服発展の口火をきったデザイナーとして重要。

略歴

ジャン・デセは、少年の頃、外交官を目指してパリに行き法律を学んだが、翻意して服飾デザイナーを志望、1925年から20年間、オート・クチュールの店ジャーヌ(Jane)の店で修業を積んだ。1937年、パリ・ジョルジュ・サンタ通りに店を構え、1948年にマティニオン街の旧アレグザンドル・エッフェル邸(エッフェル堵の設計者)に店舗を移した。

作風

彼の作風はエジプト、ギリシャの民族衣裳からインスピレーションを受けた、異国趣味の濃いエレガンスが特色で、布地はモスリンやシフォンの繊細さを愛した。特有の格調が貴顕夫人に好まれ、その中にギリシャ女王、マーガレット王女、ケント公爵夫人らがいた。1965年、健康を害したためにパリのメゾンを閉じ、ギリシャへ帰ってささやかにブティックを経営したが、1970年にアテネで一生を終えた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php