産前から産後まで。長く活躍するマタニティウェア&授乳服

ジャン・バルテ:リキエルやウンガロに愛された帽子デザイナー

ジャン・バルテ制作のボンネット。フィリップ・ポッティエ撮影, 1960年。人物と企業
この記事は約1分で読めます。

ジャン・バルテ(Jean Barthet)は、1930年、フランスのピレネーに生まれたファッション・デザイナーです。

1950年~1960年代にかけてパリで帽子デザイナーとして影響力をもちました。

ジャン・バルテは、6歳の頃から新聞紙、ボール紙、小さい布などで帽子を作っていたといわれています。10代にパリへ出て、1947年 (1948年, 1949年説あり) にパリで初めてファッション・ショーを開きました。また、クロード・モンタナソニア・リキエルエマニュエル・ウンガロらのコレクション用に帽子を提供しました。

ジャン・バルテは、その時々の新しい出来事に題材をとった若々しい制作態度が特色。モナコのグレース王妃、ベルギー王妃、ソフィア・ローレン、リズ・テーラー、ブリジット・バルドーなどを顧客に持っていました。

関連リンク

  • Jean Barthet Photograhy : ジャン・バルテの写した写真を展示。ブリジット・バルトーやイヴ・サンローランら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php