サイト モードの世紀について

サイト モードの世紀について

サイト モードの世紀(Mode21.com)の概要

サイト モードの世紀 mode21.com
モードの世紀 mode21.com

サイト モードの世紀(Mode21.com)は映画、写真、図書からモードを多角的に描写しています。岩本真一が運営・執筆し、妻 Cai Lei はたまに執筆しています。

難しいファッション用語の説明、大学での講義資料、映画や図書のレヴュー、写真資料の分析、ファッション史理解のコツ、カフェ・レストランや美術館・博物館の写真・感想などを掲載しています。ぜひ、気がかりな主題や読みたい記事をお気軽にリクエストして下さい。

2018年初現在に公開済の記事のうち、最重視している記事は次の6点です。

  1. 好きなデザイナーとして「アンドレ・クレージュ : André Courrèges」、その作品のドレスを着用した写真モデルを探すネット・サーフィン記録「Who Is She? Do you know this Yellow Strap Girl?」。
  2. 好きな映画女優とそのお抱えデザイナーとして「グレタ・ガルボ : Greta Garbo 黄金時代の名女優」と「ギルバート・エイドリアン : Gilbert Adrian」。
  3. 衣装の歴史を捉える観点から「旗袍 : 世界で最も知られた民族衣装の概説と歴史」と「モードとファッション : 途上国日本のファッション文化」。

また、印象から記事を再構成する付箋(タグ)、全記事の配置を一覧に示すサイトマップサイト内検索・ウェブ全体検索・アマゾン商品検索の可能な検索ページなどをご用意しています。あなたに合う使い方をして頂ければ幸いです。

イエロー・ストラップ・ガール。アンドレ・クレージュ作、ピエール・ビューロ撮影。「ライフ」誌、1965年5月21日、48頁。Yellow Strap Girl, © André Courrèges, photographed by Pierre Boulat, “Life”, May 21, 1965, p. 49
イエロー・ストラップ・ガール。アンドレ・クレージュ作、ピエール・ビューロ撮影。「ライフ」誌、1965年5月21日、48頁。Yellow Strap Girl, © André Courrèges, photographed by Pierre Boulat, “Life”, May 21, 1965, p. 49

課題

ファッションの言葉や歴史には誤解が付きものです。私たちはファッションの歴史を扱った最高の記事と写真をお届けします。よく分からない言葉やテーマはリクエストして下さい。

理念

2014年7月、大学院での研究成果を著書『ミシンと衣服の経済史』にまとめ、アパレル産業(衣服産業)とファッション文化を接合させました。といっても、今もってモード(ファッション)についてはっきりしていません。著書で少し触れたモード論について、今後、このサイト「モードの世紀」で引き継ぎ、あれこれ広く深く考えていきます。

最近は、

  • グローバル規模のミシン普及と衣服生産変容の相関関係
  • 洋服の拡散、衣服の近代化、東アジア地域の洋服化、衣服と服装の関係

に関心を深め、モード論に関連づけて思いを膨らませています。そして、2017年1月から新しい記事を追加し、従来の記事を編集・修正して新たなサイト作りを進めています。

注目すべきは、ヴァルター・ベンヤミンのオートクチュール論から、オート・クチュールが伝統ではなく20世紀の一時的な流行であったこと、そして、仕立屋や仕立てる作業はオート・クチュールの誕生以前のはるか昔からあったことです。そして、一方で洋服は世界に散った衣装であり、他方で旗袍(チーパオ)は世界が結集した衣装であること、このことを念頭に、20世紀を中心に洋服や旗袍の形態と歴史をたどっています。

そして、全ての衣服が洋服になったとの認識のもとで、衣服の近代化、洋服の変化、東アジア地域の洋服化を考えています。といっても、実際のところは、旗袍(チャイナ・ドレス)、好きなデザイナー、好きな女優、好きな映画、好きな本と、運営者の関心のまま拡散し続けていますが…。運営は私(岩本真一)が担当し、執筆は私と妻(leilei)が分担しています。

以上、応援の程、どうぞ宜しくお願い致します。

旗袍の生地色 旗袍颜色
旗袍の生地色 旗袍颜色 via 精选旗袍 将传统婚礼进行到底_婚纱礼服_新娘网

経緯

1990年代、20代の頃に、身近なファッションと遠いブランドとの距離に何か大切なことがあるのではないかという疑問をもちはじめました。その後の約20年間、大学・大学院と進むにつれ、ファッション文化、モード論、アパレル産業をまったりと勉強してきました。2000年7月にこのサイトを立ち上げたのは、この問題にチャレンジしてみたかったからです。当時はファッション論(モード論)や社会史に関する山田登世子さんの本をいくつか読んでおり、モードの世紀というサイト名は彼女の著書『ブランドの世紀』『モードの帝国』をヒントにしました。

サイト設立以来、調べまくったものをまとめまくって、2004年1月に Yahoo!ディレクトリに登録されました。また、当時まぐまぐから発行していたメール・マガジン「ファッション用語一日一個」をブログ化し、それが2004年10月に「ココログオフィシャルガイド〈2005〉 (ココログブックス)」(amazonへ)に掲載されました。モードの世紀は2017年03月23日付でYahoo!カテゴリ(Yahoo!ディレクトリの実質的な後継)に登録されました。場所は、「トップ > 生活と文化 > ファッション、服飾 > ファッション史」(Yahoo!カテゴリへ)です。

サイト 運営者

プロフィール

岩本真一(いわもと・しんいち)1970年奈良県生まれ。近畿圏の大学で経済史や社会史の非常勤講師・嘱託講師をしています。著書に『ミシンと衣服の経済史』(思文閣出版)。アパレル産業史(衣服産業史)を研究する傍らで、ファッションに関わる文化史・哲学的なサイト「モードの世紀」を作ってきました。
I studied history of apparel industry in the graduate school (Osaka City University). I have taught in cultural history and economic history at plural universities. I have given a lecture at some research institutes. And more, I mainly write articles and book reviews and run a fashion-related Web Page (here).

好きなもの

  • 果物 : Wolf berry(枸杞)、Raspberry、Blueberry、Strawberry、Cranberry(つまりベリー系)
  • 衣装設計師 :
  • 衣装(見る分) : pinterest
  • 衣装(着る分) : 立領(立衿)、ショート・ブーツ
  • 写真家 : Eugène Atget(エフゲニ・アジェ)
  • 映画監督 : 王家衛(ウォン・カーウァイ)
  • 歌手 : 王菲(フェイ・ウォン)
  • バンド : King Crimson(キング・クリムゾン)、The Cranberries(クランベリーズ)
  • 街 : 上海
  • 本 : 『ヴァルター・ベンヤミン著作集』第10巻「一方通交路」晶文社、1979年
  • 言葉 : 「以前看見山、就想知道山的后面是甚么、我現在已經不想知道了」(昔、山を見ては向こうを知りたくなったが、今となっては知りたくもない) – 王家衛『東邪西毒』香港、1994年

趣味

  • 旅する、写す、ネットする

旅行写真

私は中国と台湾が大好きで、初めて行った2004年から今まで随分と写真を写してきました。それらをウェブ・アルバムで紹介しています。写真には少し言葉を説明するようにしています(枚数が多いので、いつまでも《作成中》ですが)。ぜひアルバム・サイトにもお越しください。I love China & Taiwan. I show my many photos which I have taken in China & Taiwan till 2004 at web albums. And there, I attach a little words to these. please visit my albums!

上海浦東地区 30, Aug, 2016
上海浦東地区 30, Aug, 2016

他のプロフィール

広告