Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒロミチ・ナカノ : 中野裕通

シェアする

広告

ヒロミチ・ナカノ

ヒロミチ・ナカノ Hiromichi Nakano は、1951年に日本の宮城県で生まれたファッション・デザイナー。

ニコルやビギを経て、81年に三永(現サンエー・インターナショナル)の「ビバユー」事業部に入社。84年に「HIROMICHI NAKANO」ブランドを設立し、東京コレクション初参加。コケティッシュな魅力に満ちた作品は、80年代半ばに人気を呼んだ。80年代後半には、フランスの小学生がよく着るエコリエのムード一杯の作品をコム・デ・ギャルソンに続いて発表した。この時期の代表作は、88・89秋冬東京コレクションでのカシュミクール、89・90年秋冬東京コレクションのトリミング、同コレクションでのフェイク・ファー、同じくロココ・ファッションなどが挙げられる。

独立は1990年で、91年にヒロミチ・ナカノ・デザインオフィスを設立。コレクション・ブランドだけでなく、ライセンスも数多い。98年、99年春夏パリコレクションに初参加。また、デザイナーという枠にとらわれず、映画評論家として「anan」「TV Taro」などに執筆するなど、活躍の場は多岐。映画大好きな中野裕通のベスト・シネマは、小津安二郎監督の『長屋紳士録』(1947年。飯田蝶子、青木放屁ほか出演)。映画鑑賞は、年間500本にのぼる。

中野のキュートな作品群の根底には、ポップ・アートの遊び感覚と、時間が自在に前後する歴史主義的な側面の二つがある。

1989年毎日ファッション大賞新人賞受賞。99年、第42回FEC特別賞受賞。