Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ハナヱ・モリ : Hanae Mori

シェアする

広告

ハナヱ・モリ

ハナヱ・モリ Hanae Mori は、1926年に日本の島根県に生まれたファッション・デザイナー。1950年代のシネマ全盛期に数百本におよぶ映画衣装を手がける。

独立

東京女子大学国文科卒業。1948年に森賢と結婚。その後、ドレメ(ドレスメーカー女学院)で学び、1951年に新宿でスタジオ「ひよしや」を設立。

1960年代

1963年、日本にプレタポルテ部門「ヴィヴィド」社創業。大衆ファッションへの関心が高まった1950年代後半から1960年代にかけて、まだ未開分野だったプレタ・ポルテを確立した。1965年にニューヨークで初の海外コレクションを発表した後、ニーマン・マーカスなどの高級百貨店で成功。

1970年代 : 日本人初のオート・クチュール組合加盟

1970年には「ハナヱ・モリ・ニューヨーク」をオープン、1974年にはロンドンに上陸、次いでスイス、ドイツ、ベルギーにもセールス・ポイントを拡大。この時期に、夫の経営サポートとともに、ハナヱ・モリ・グループは大きくなった。

1975年11月、パリのホテル・モリスで初展示。1976年「ハナヱ・モリ・インターナショナル」設立。1977年には、パリのモンテーニュ通りに、オート・クチュールのメゾンをオープンし、初のオート・クチュール・コレクションを発表。同時に、サンディカ(パリ・オート・クチュール組合)加盟。

以後、東洋出身では、唯一の加盟メゾン&デザイナーとして活躍。最初のパリ・コレクションでは、得意の蝶々や友禅風のプリントドレスを披露。「マダム・バタフライ(『蝶々夫人』)」や「東洋的ファンタスティックなモード」を導入したとして評価された。

1978年には、ピエール・カルダンとともに、中華人民共和国からファッション産業の開発に協力要請を受け招聘された。その後、オリンピック日本選手団や日本航空の制服を手がけるなど、日本の代表的なデザイナーとして内外で評価が定着。

1980年代・1990年代 : 経営難に

1989年には「森英恵展」を開催し、35年以上にわたるデザイン活動を記念した。

1990年代には、飲食などの多角経営に乗り出すが失敗。2001年末、プレタポルテを含むライセンス事業を、三井物産などに売却すると発表。「ハナヱ・モリ」としては、オート・クチュール部門で生き残る再建策を発表したものの、債権者の了承を得られなかった。

2002年3月、プレタポルテ部門を三井物産とロスチャイルド・グループへ売却。プレタポルテ事業に関しては、婦人服製造卸のオールスタイル株式会社が引き継いだ(ハナエモリドゥ)。同年5月30日には、オート・クチュール部門の「ハナヱモリ」(東京都渋谷区)が、民事再生法の適用を東京地裁へ申請し、倒産。負債総額は101億円(帝国データバンク)。

新会社「ハナヱ・モリ」設立から引退へ

社長に石坂公之助を迎え、森英恵自身は、新会社「ハナヱ・モリ」(東京都港区)で、次男の森恵も加え、オート・クチュール事業を継続。

2004年7月7日、2004秋冬オート・クチュールコレクションを最後に引退。ショーでは、ドビルパン仏内相夫人をはじめとする有名人が多数詰めかけ、コレクションでは珍しいスタンディングオベーションで迎えられた。

作品は、歌舞伎役者の描かれたロングドレス、縮緬生地に日本風の花がプリントされたスカート、日本の帯を意識したベルトや簪(かんざし)などで、これまで以上に日本を意識したものが多かった。今季にファッション・ショーを開いたのは、わずか9ブランド。その内の一つとして、オート・クチュールの衰退を象徴する引退であった。

ハナヱ・モリの受賞歴

1960年、第4回ファッション・エディターズ・クラブ(FEC)賞、1973年、ニーマン・マーカス賞、1978年、ヨーロッパ一流品賞、第7回パイオニア賞(日本)、第7回シンボル・オブ・マンアワード(アメリカ)、1988年、朝日賞、紫綬褒章、1989年にレジオン・ドヌール勲章、文化功労賞。レックス・アワード賞(アメリカ)にあっては、1967年、1970年、1976年に受賞。

顧客には、故グレース王妃、ナンシー・レーガン、ソフィア・ローレンなど。