新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

友禅模様のアンサンブル : 森英恵デザイン

森英恵デザインによる友禅模様のドレス。「婦人画報」1972年9月号40頁。 モード写真集
森英恵デザインによる友禅模様のドレス。「婦人画報」1972年9月号40頁。
スポンサーリンク

友禅模様のアンサンブル : 森英恵デザイン

友禅模様のアンサンブル : このページに紹介するのは森英恵(ハナヱ・モリ)デザインによる友禅模様のアンサンブルです。「婦人画報」1972年9月号の36頁・37頁に紹介されました。カメラは大倉舜二、ヘアスタイルは宮崎定夫。文章は現代文に訳してまとめています。

友禅模様をいっそう気軽に、普段着にするために、木綿のジャージー地にプリントしたものです。パンツと組み合わせた今風の上着やシャツにエレガントな色と柄を活かして着る楽しさを味わって下さい。

友禅模様のアンサンブル : 森英恵デザインによる友禅模様のドレス。「婦人画報」1972年9月号40頁。

森英恵デザインによる友禅模様のドレス。「婦人画報」1972年9月号40頁。

上の作品は木綿のアンサンブルです。Tシャツとジャケットをお揃いにしました。花柄と麻の葉と七宝繋ぎなどを切りばめ風にアレンジした派手な模様です。

下の作品は木綿のシャツです。萩・芒・撫子などの秋草を雲どりの中に描いた繊細な模様を、ゴリゴリの綿のパンツの上に着る、若い人向けの普段着です。

森英恵デザインによる友禅模様のドレス。「婦人画報」1972年9月号41頁。

森英恵デザインによる友禅模様のドレス。「婦人画報」1972年9月号41頁。

作品批評

1点目はズボンの存在感が大きく色と太さが目立ちます。生地のオレンジ色がサンダルの色と合っているだけに、勿体ないところ。上のシャツとジャケットの組み合わせは成功しています。これまで3回にわたり紹介してきた切地風の柄の中で、最も継ぎ接ぎ感が成功しているように感じます。配色が落ち葉を想像させるからです。ただ、ベルトといい、ズボンといいもう少しオッサン臭さを抜いてほしい所ですが。

2点目はモデルの表情や姿勢が最もカッコよいと思いました。第1回・第2回とも室内で撮影したこともあって影が目立ちましたが、この写真は秋の林にいる感じが十分にして、やや肌寒い背景にモデルの強めの表情が対照的になっています。袖がフレアに広がっているのも特徴的。涼しい風を感じます。赤色と白色の花弁を胸部真ん中に持ってきてアクセントをがあります。衿はやや肌寒い感じがしますが、アームホール付近に紺色を持ってきているので、安定感が戻ってきた感じ。

白色の細いパンツが上衣に合っています。1960年代の残影か、細いパンツにフレア・スリーブと繋がると、ついヒッピー・ルックを想像しますが、背景と上衣の柄がそれを上書きしています。1点目よりも若々しいですね。

説明文批評

これまで3回に分けて6点を紹介してきました。テーマが「友禅模様のドレス」だったことを改めて思い出しました。てっきり友禅染めの絹織物の切地を継ぎ接ぎした布で作った服のシリーズかと思ったのですが、そういう柄(友禅染風の柄)に編んだニットを裁縫師たんですね。1970年代にこれほどニットが織物に近づいていたことを痛感。ファッション史はニット化だという説がありますが、目で見ると具体的な発展に驚きます。

婦人画報の関連リンク

  • 婦人画報のおかいもの - 婦人画報が運営するお取り寄せ通販サイト。スイーツ・グルメ・ギフトをはじめご自宅用におすすめのお取り寄せ品も婦人画報編集部が厳選。
  • 婦人画報 : ハースト婦人画報社 - 歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。
婦人画報
1905年の創刊から、長い年月をかけて日本文化の継承と女性の豊かな生活を提唱し続けています。歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php