Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ギャップ : GAP

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギャップ

ギャップ GAP は、1969年にサンフランシスコのジーンズ専門店として、ドナルド・フィッシャーが創業したアパレル会社。会社の成長に伴い、自社ブランドの衣料品やアクセサリーを製作し、90年代以降は、自社ブランドだけを展開するようになった。

ギャップ : ギャップのロゴ

ギャップのロゴ via File:Gap logo.svg – Wikimedia Commons

ドナルド・フィッシャーは、創業当初から、自社の差別化と中間業者の排除を構想していたが、これが実現したのは、1983年、ミラード・ドレクスラーが社長に就任してから。ドレクスラーは、商品を抜本的に見直し、店舗の改装も行なって、ギャップの再生に成功した。1986年、子供服部門をスタート。以後、90年代のアメカジ(アメリカン・カジュアル)ブームに伴い、グローバル・ブランドへと転身。現在では、ベビー用品、下着、バス用品なども展開している。

ブランドの特徴は、シーズンごとに展開されるトレンド性の高い商品以上に、ジーンズ、カーキ、リブ・タートルなどの定番アイテムの豊富なサイズ展開にあるといえよう。また、大胆な広告戦略もギャップのウリ。特に、1998~99年のカーキ・シリーズは、TVコマーシャルにミュージシャンやダンサーを起用し、アメリカだけでなく日本でも爆発的なヒットを呼んだ。

2000年以降、経済環境の変化という大きな状況のもとで、競合ブランドが急迫しはじめ、世界の製造小売業の教科書とまでいわれたギャップの威信は、若干修正をきたすようだ。これまで、製造やデザインから、物流、マーケティング、販売にいたるまで、製造販売の全過程を自社内で賄い、世界的に評価の高い広告キャンペーンまでも、社内スタッフが製作してきたギャップ。競合他社の増えてきた今後、ドレクスラーの才腕が問われるところだ。

なお、「ギャップ・ジャパン」は、インポートブランドとして、メンズ、レディース、チルドレンいずれも展開している。フレンドリーな接客方法も、他国のギャップと同じ。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php