新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

ニットコートの着やすさ : ロマン・ミナサラ

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、92頁。撮影・大倉舜二 モード写真集
ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、92頁。撮影・大倉舜二。
スポンサーリンク

ニットコートの着やすさ : ロマン・ミナサラ

ニットコートの着やすさ : ニットは不勉強すぎて、いつ頃に製品の水準が上がったのか、1960年代なのかなぁと想像するだけしかできません。この広告を見ると1970年代にはニットのコートが出ていることを知って驚いています。

軽くて着やすいという点ではニットにまさるものはありません。特にロングコートは、あまり重すぎる材質は不むき。ロマンとイタリアのミナサラが共同でつくった、すぐれた素材の、カットのよさをいかしたコートです。

ふつう、ロングコートは織物や毛皮で作るものです。この時代になってそれが重くて「不むき」と判断できますが、昔は重いままでした。主題は材質なので、共同開発の素材はカッティングしやすいニット生地なのだと思います。糸ではなさそうです。

オフホワイトのコート

ニットコートの着やすさ : ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、92頁。撮影・大倉舜二

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、92頁。撮影・大倉舜二。

ダブルコートのシルエットの美しさ。昼も夜も、どんな服の上にも着られて便利です。おしゃれなミセスにおすすめします。

衿のアクセントが強いので帽子で対抗させるのが無難かと思います。衿と打合いに施されたパイピングがかっこいい。

赤いコート

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、93頁。撮影・大倉舜二

ロマン・ミナサラの広告「ニットコートの着やすさ」。「婦人画報」1973年11月号、93頁。撮影・大倉舜二。

真っ赤なステンカラーのコートは、ボタンをかくした仕立て。かすかにフレヤーを出したのも、今年の流行の一つです。

ボタンを隠してあっさりさせたのはナイス。フレヤーはフレア。後身頃を広めにとって裾をAライン風に仕立てたのでしょう。

婦人画報の関連リンク

  • 婦人画報のおかいもの - 婦人画報が運営するお取り寄せ通販サイト。スイーツ・グルメ・ギフトをはじめご自宅用におすすめのお取り寄せ品も婦人画報編集部が厳選。
  • 婦人画報 : ハースト婦人画報社 - 歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。
婦人画報
1905年の創刊から、長い年月をかけて日本文化の継承と女性の豊かな生活を提唱し続けています。歴史ある婦人誌として日本女性をリードし続けてきた婦人画報は、美しいビジュアルと高いクオリティの情報とともに、「衣・食・住」すべてのカテゴリーにおいて、”日本のよきヒト・モノ・コト”をお届けいたします。

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php