Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ : 1964年

シェアする

広告

フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ : 1964年

フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ : これはイギリスの衣料品店フォール・アンド・タフィンが1964年中頃にロンドンで制作した女性用スカート・スーツ(ジャケット・スーツ)です。太い黒色と白色のオプティカル・チェックのウール製。

フォール・アンド・タフィン : スカート・スーツ ジャケット・スーツ 1964年

フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ(ジャケット・スーツ) : 1964年 via Skirt suit | Foale, Marion | V&A Search the Collections

素材と技術

ウール製、ミシン縫製

ラベル

上下ともマリオン・フォール・アンド・サリー・タフィン(’MARION FOALE AND SALLY TUFFIN’)。

概説

フォール・アンド・タフィンは女性用のズボン・スーツを仕立てた最初のデザイナーの一人です。このジャケットはそれよりも伝統的なスカートとペアになっています。

  • ロングラインのダブル・ブレスト仕様ウール製テーラード・ジャケット。折襟、幅広ラペル、黒色・白色の中判チェックのウール製。単衣。
  • 黒色・白色の大判チェックのウール製ショート・スカート。斜め裁断によるダイアモンド・シェイプ。単衣。

エピソード

このスーツはファッション・ジャーナリストのマリット・アレン(Marit Allen)が着たものです。アレンは1961年にファッション・ジャーナリズムに入り「クイーン」誌のアシスタントになりました。赴任後すぐにアレンは20ページほどの自己企画コーナーが与えられ、そこで若者たちのデザインや革新的な写真を紹介しました。

「クイーン」誌の編集者であるベアトリクス・ミラー(Beatrix Miller)はマリット・アレンを連れて1964年に「ヴォーグ」誌へ移籍しました。10年間アレンは「ヴォーグ」誌のファッション編集者として勤めました。

「ヤング・アイディアズ」コーナーはアレンが執筆しキャプションも行なったもので、やはり若者のデザインやファッションを紹介したものです。このコーナーは1960年代ファッションに大きな影響を与えました。彼女はしばしば記事の中で被写体として登場しました。

このスーツは「ヤング・アイディアズ」用に撮影され「ヴォーグ」誌イギリス版1964年9月1日号に掲載されました。原作は21という店で16ギニーで販売されました。この店はウーランヅのデパートメント・ストアに出店していた影響力の強いブティックでした。

ヴィクトリア・アンド・アルヴァート・ミュージアム(Victoria and Albert Museum)@Mar.18.2018

ヴィクトリア・アンド・アルヴァート・ミュージアム(Victoria and Albert Museum)@Mar.18.2018 Photo by Reika

関連リンク

  • Skirt suit | Foale, Marion | V&A Search the Collections : ヴィクトリア・アンド・アルヴァート・ミュージアム(Victoria and Albert Museum)公式サイト内、フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ(ジャケット・スーツ)の詳細ページ。概要と追加情報あり。この作品は2018年3月18日現在、同ミュージアムのファッション・コーナーに展示されています。展示情報や展示写真を紹介・提供して頂いた同志社大学の学生に感謝します。