Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スタイル用語集 : 1日1個 平日配信
新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

フォール・アンド・タフィン : Foale and Tuffin

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォール・アンド・タフィン

フォール・アンド・タフィン Foale and Tuffin はマリオン・ フォール(Marion Foale)とサリー・タフィン(Sally Tuffin)が1961年にロンドンで設立したファッション・デザイン企業です。このレーベルは1960年代のスウィンギング・ロンドンの一角を占めました。

フォール・アンド・タフィン : 自店舗前のフォール・アンド・タフィン

自店舗前のフォール・アンド・タフィン via Foale and Tuffin – Style Sixties | UK Fashion and Lifestyle Blog

フォール・アンド・タフィンは活発な若い女性が幅広い状況で着用することを意図した作品を多くデザインしました。活気に満ちた、グラフィックで着用可能なデザインで知られています。フォール・アンド・タフィンは女性用のズボン・スーツを仕立てた最初のデザイナーの一人としても知られます。

経歴

マリオン・ フォールとサリー・タフィンはロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ウォルサムストウ・アート・カレッジ説あり)で学び1961年に卒業しました。卒業後に二人はハーヴェイ・ニコルズ百貨店の隣にあるウールランヅ21という店舗でバイヤーに2点のドレスを披露し、これを機に自分の店を開店しました。

創業

二人はカーナビー・ストリートにある狭い家屋と店舗の3フロアを借りました。彼らはパリのファッションを払拭し、デザインの焦点を「楽しい」服に当てました。当初から仕立技術で広く知られ、長くて細いドレス、スーツ、コートなどをたくさん制作しました。

映画「カレイドスコープ」でフォール・アンド・タフィンのドレスを着るスザンナ・ヨーク。

映画「カレイドスコープ」でフォール・アンド・タフィンのドレスを着るスザンナ・ヨーク。

一例は映画「カレイドスコープ」(1966年)でスザンナ・ヨーク(Susannah York)が着たものです。援助を受けずに1963年まで事業を成功させるという野望を二人は果たしました。

「ヴォーグ」デビュー

1962年に「ヴォーグ」誌が二人の作品を見つけ撮影するドレスを選びました。デビッド・ベイリー(David Bailey)がこのショットを撮り、マリオン・ フォールとサリー・タフィンは「ヴォーグ」デビューを果たしました。

二人はジョン・ベイツ(John Bates)、ビル・ギブ(Bill Gibb)、ジェラルド・マックァン(Gerald McCann)、ジーン・ミュア(Jean Muir)たち若手デザイナーの多くと一緒に「ヴォーグ」イギリス版でマリット・アレン(Marit Allen)の画期的な「ヤング・アイディアズ」(Young Ideas)部門で定期セクションに取り上げられるようになりました。

その作品の一つが「フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ : 1964年」です。

フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ : 1964年
フォール・アンド・タフィンのスカート・スーツ : これはイギリスの衣料品店フォール・アンド・タフィンが1964年中頃にロンドンで制作した女性用スカート・スーツ(ジャケット・スーツ)です。太い黒色と白色のオプティカル・チェックのウール製。伝統的なスカートとペアになっています。

マリット・アレンは自分の記事を雑誌に載せる時、本の中で若手デザイナーたちを表紙や記事に紹介するだけでなく彼らの服を自ら着て紹介しました。彼女の着たフォール・アンド・タフィンの衣装は彼女のFoaleと2010年にオークションで販売されました。

店舗拡大 : 国内店舗の確立とアメリカへの進出

1963年にフォール・アンド・タフィンはカーナビー・ストリートのマールボロ・コートという小道に最初の本格的な家宅を建てました。そして元々使っていた作業室を最初の店舗にしました。

マリー・クワントとフォール・アンド・タフィンは英国市場を形成しただけでなく、大規模なアメリカ本社の大手百貨店J.C.ペニー(J. C. Penney Company, Inc.)との取引も行ないました。

またフォール・アンド・タフィンはピューリタン・ファッション・コーポレイション(Puritan Fashion Corporation)のためにパラファナーリア(Paraphernalia)と呼ばれるブランド用のデザインもしました。これはベッツィ・ジョンソン(Betsey Johnson)が既にデザイナーだったからです。彼らは朝のテレビ番組を含むアメリカ周遊宣伝ツアーを開始しました。

最後のコレクションとその後

フォール・アンド・タフィンの最後のコレクション「ココ・フリルズ」(Coco Frills)は1972年に開催されました。

2009年10月に「フォール・アンド・タフィンと1960年代」(Foale and Tuffin:The Sixties)が出版されました。

Iain R. Webb, Foale and Tuffin: The Sixties, a Decade in Fashion, Antique Collectors Club Ltd, 2009.

コメント 質問や感想をお寄せください

スポンサーリンク

スポンサーリンク

footer-insert.php