Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

February 2018 : 最近のインスタグラムから

シェアする

広告

February 2018 : 最近のインスタグラムから

春休み中なので最近はめっきり出かけることが少なくなり、ファッション史の勉強ばかり。

インスタグラムも飲食から本やお気に入り写真などが中心になっています。今日は暇にかまけて最近のインスタグラムへの投稿写真を簡単にまとめます。

まずはフェイ・ウォン(王菲)。

フェイウォン フェイ・ウォン ワンフェイ 王菲 wang fei faye wong February 2018

フェイ・ウォン 春节联歓晩会(中央电视台)

2月15日は旧暦の大晦日でした。1988年から開催されている春节联歓晩会(略して春晩)が中央电视台で放映されていました。10億人が見る番組で視聴率は30%を超えるとか、勢いが違います。

フェイ・ウォンは女性歌手のナー・イン(那英)と20年ぶりにデュエット(出典 : 外部リンク)。随分と彼女をリアルタイムで見ていませんでした。年齢を考えれば仕方ありませんが、ポップさは無くなって≪大人しい大人≫になっていました。相変わらず綺麗でスタイル良かったです。

次いで、Courreges, fashion memoir という本の表紙。

クレージュ ファッション メェムヮァー ヴァレリー・ギルーム

Valerie Guillaume, Courreges: fashion memoir, Assouline, 2004.

カテゴリ「モードの書籍」に書評を書きました(4月中旬に投稿します)。本書はアンドレ・クレージュの経歴やデザインに詳しいです。本格的にクレージュを調べてみようと思わせてくれた本です。写真は45点、うちカラーは28点。薄い本ですが少数精鋭でクレージュらしさの伝わる写真が選ばれています。

Valerie Guillaume, Courreges: fashion memoir, Assouline, 2004. (to amazon.jp)

次いでこれも書評に取り上げる本 The Swinging Sixties。

スウィンギング・シクスティーズ The Swinging Sixties : An iconic decade in pictures, 2012.

The Swinging Sixties : An iconic decade in pictures, 2012.

本書はスウィンギングと呼ばれた1960年代の写真集です。1頁あたり1点の写真を載せて簡潔なフレーズと説明を添えています。読みやすく見やすく、300頁弱あるので読み終えた時に1960年代に詳しくなっています。

マリークワント、アンドレクレージュ、カトリーヌドヌーヴ、デヴィッドベイリーなどなど、当時の有名デザイナー、女優、カメラマン、それにミュージシャンも盛り盛り出てきます。

The Swinging Sixties : An iconic decade in pictures, 2012. (to amazon.jp)

最後に昨晩。このサイトの概要ページや初めての方へのページ向けのアイキャッチ画像(フィーチャー画像)あるいはヘッダ画像用に何か良い写真は無いかと思案に暮れていた所、これを写しました。辞書の至近距離の撮影って結構難しいですね。

モード Mode モードの世紀

モード[Mode]

Google検索で「翻訳」と入れるとウェブページの検索結果がずらっと出てきますが、画面右方には画像の検索結果が出ます。先日から格好良いなぁと思っていたのが、これ。

YouTube Launches Translation Marketplace To Help Creators Reach More Global Viewers
YouTube is working on a translation marketplace tool where creators can order professional translations of their videos.

この画像はそのまんま辞書の「Translation」の箇所をクローズアップ。

料理や飲み物よりも撮影が難しいです。とりあえずアンドロイドのカメラでデフォルトのアプリから撮影。料理モードで何とか台所の電気を拾いながら、10数枚写した中で一番大きく写せたものです(それをインスタグラムでさらに加工)。

ただ、ヘッダに設定するのは上下の位置が難しくて、何度か失敗したまま諦めました。おまけにサイト紹介のページはワードプレスでは「投稿」ではなく「固定ページ」に記しますから(それが一般的)、「投稿」(いわゆる記事)よりもアイキャッチ画像の露出機会が無いことも思い出し、結局、この記事にしか使っていません…(苦笑)。

SNS、最近はめっきりとインスタグラムに偏っています。モード・ファッション、食べ物・飲み物、たまにレトロな建造物。そんな具合でフォロー宜しくお願い致します