February 06, 2018 : ゴダールの本が到着

シェアする

広告

February 06, 2018

February 06, 2018 : ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d'elle)

ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d’elle) (c) 1967 – ARGOS FILMS – ANOUCHKA FILMS – LES FILMS DU CAROSEE – PARC FILM.

彼女について私が知っている二、三の事柄

赤と青、そして白と緑。

彼女とはマリナ・ヴラディ、そしてパリ。

ヴォーグ : vogue

スタイル : style

ブティック : boutic (boutique)

ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d'elle) (c) 1967 - ARGOS FILMS - ANOUCHKA FILMS - LES FILMS DU CAROSEE - PARC FILM.

ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d’elle) (c) 1967 – ARGOS FILMS – ANOUCHKA FILMS – LES FILMS DU CAROSEE – PARC FILM.

赤と青。

アメリカやベトナムと航空機で往来し、アメリカのレコード会社の音楽をフランスのパリで聞く。

トランス・ワールド・エアラインズ : trans world airlines

パックス・アム : PAX AM

#jeanlucgodard #2ou3chosesquejesaisdelle #gittmagrini #marinavlady #paris #productionofclothes #mode #twa #transworldairlines #paxam #paris #mode21com

ゴダールの世界

映画史

最近、ゴダールの映画「彼女について私が知っている二、三の事柄」を見直したり考え直したりしています。この映画は視覚的にも哲学的にも深いもので、何度見ても新しい発見があります。この映画はちょうど半世紀前の1967年に公開された映画とは思えない新鮮さを持っています。

最近分かってきたキーワードは色です。赤と青が中心ですが、白と緑も大切な色として描かれています。そして、よく言われるように彼女とはパリのことですが、映画に出てくるように都市圏でもあり、マリナ・ヴラディ自身でもあります。

映画の途中で、 trans world airlinesのバッグとパックス・アムのバッグを被った二人の女性が出てきます。女性たちを風刺しているよりも時代と都市と男性たちを嘲笑しているように感じます。

そして、男性たちはアメリカやベトナムと航空機で往来し、アメリカのレコード会社の音楽をフランスのパリで聞く。映画はこの錯誤が1960年代から始まったことを示しています。

English Summary

Recently, I reviewed and reconsider Jean-Luc Godard’s movie “2 ou 3 choses que je sais d’elle”. This movie is deeply visually and philosophically, and there are new discoveries even if seen many times. This movie has freshness which I can not imagine as a movie published in 1967 just half a century ago.

The keyword that I have recently understood is color. The center is red and blue, but white and green are also drawn as important colors. And, as often said, she is in Paris, but also in urban areas, like Marina Vlady himself as it comes out in the movies.

In the middle of the movie, two women who wore a bag of Trans World Airlines and a bag of PAX AM came out. I feel ridiculous of times, cities and men rather than satirizing women. Then, he came back and forth between America and Vietnam with aircraft and listens to American recording company music in Paris, France.

中文摘要

最近,我审查并重新考虑让 – 吕克戈达尔(Jean-Luc Godard)的电影 “2 ou 3 chose que je sais d’elle”。 这部电影在视觉上和哲学上都很深刻,即使看过很多次也有新的发现。 这部电影有着新鲜感,我不能想象它是在半个世纪前的1967年发行的电影。

我最近了解的关键字是颜色。 中心是红色和蓝色,但白色和绿色也被画成重要颜色。 而且,经常说,她在巴黎,而且在城市地区,比如Marina Vlady本人,因为它出现在电影中。

在电影中间,两名女性穿着一袋跨Trans World Airlines和一袋PAX AM出现。 我感到荒谬的是时代,城市和男人而不是讽刺女人。 然后,他用飞机在美国和越南之间来回聆听美国唱片公司在法国巴黎的音乐。