February 06, 2018 : ゴダールの本が到着

シェアする

広告

February 06, 2018

February 06, 2018 : ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d'elle)

ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d’elle) (c) 1967 – ARGOS FILMS – ANOUCHKA FILMS – LES FILMS DU CAROSEE – PARC FILM.

彼女について私が知っている二、三の事柄

赤と青、そして白と緑。

彼女とはマリナ・ヴラディ、そしてパリ。

ヴォーグ : vogue

スタイル : style

ブティック : boutic (boutique)

ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d'elle) (c) 1967 - ARGOS FILMS - ANOUCHKA FILMS - LES FILMS DU CAROSEE - PARC FILM.

ジャン・リュック=ゴダール『彼女について私が知っている二、三の事柄』(Jean-Luc Godard, 2 ou 3 choses que je sais d’elle) (c) 1967 – ARGOS FILMS – ANOUCHKA FILMS – LES FILMS DU CAROSEE – PARC FILM.

赤と青。

アメリカやベトナムと航空機で往来し、アメリカのレコード会社の音楽をフランスのパリで聞く。

トランス・ワールド・エアラインズ : trans world airlines

パックス・アム : PAX AM

#jeanlucgodard #2ou3chosesquejesaisdelle #gittmagrini #marinavlady #paris #productionofclothes #mode #twa #transworldairlines #paxam #paris #mode21com

ゴダールの世界

映画史

最近、ゴダールの映画「彼女について私が知っている二、三の事柄」を見直したり考え直したりしています。この映画は視覚的にも哲学的にも深いもので、何度見ても新しい発見があります。この映画はちょうど半世紀前の1967年に公開された映画とは思えない新鮮さを持っています。

最近分かってきたキーワードは色です。赤と青が中心ですが、白と緑も大切な色として描かれています。そして、よく言われるように彼女とはパリのことですが、映画に出てくるように都市圏でもあり、マリナ・ヴラディ自身でもあります。

映画の途中で、 trans world airlinesのバッグとパックス・アムのバッグを被った二人の女性が出てきます。女性たちを風刺しているよりも時代と都市と男性たちを嘲笑しているように感じます。

そして、男性たちはアメリカやベトナムと航空機で往来し、アメリカのレコード会社の音楽をフランスのパリで聞く。映画はこの錯誤が1960年代から始まったことを示しています。