モード史を学ぶマストブック10冊

エンベロープ・キャミソール ほか:バタリック 1924年頃

Good! 日記
この記事は約1分で読めます。

エンベロープ・キャミソール ほか:バタリック – 1924/1925

エンベロープ・キャミソール ほか:バタリック Butterick Patterns が1924年に刊行した下着のカタログが紹介されています。

1910年代と1920年代の女性美基準は「flat boy-like」(男性風平坦)と言われますが、どの程度までそうなんだろうと思って読んでみました。

コンビネーションやキャミソールがイラストと一緒にかなり詳しく紹介されています。

最後の方では、ブルーマーズ、ニッカーズ、ドロワーズが当時は鮮明に区別されていたことも分かりました。19世紀はブルーマーズとニッカーズには区別が無かったと思うので、面白い現象だと思います。また、ドロワーズと違って、ブルーマーズとニッカーズはアウター・ウェアにもなったと。

エンベロープ・キャミソール ほか:バタリック

バタリック

The variety of lingerie — and the names — f […]

経由: Envelope Chemises, Step-ins, and Other Lingerie, 1924-25 — witness2fashion

コメント

footer-insert.php