秋冬アイテムを逃さないファッション情報

エマニュエル・カーン:Emmanuelle Khanh

この記事は約1分で読めます。

エマニュエル・カーン(Emmanuelle Khanh)は、1937年にフランスのパリで生まれたファッション・デザイナー。パリのプレタ・ポルテのデザイナー。ベトナムの技術者ニュアン・マン・カーンと結婚。

18歳でクリストバル・バレンシアガのモデル(マヌカン)、以後ユベール・ド・ジバンシーのモデルも務めたが、自分でデザイン画を描くうち、1962年、雑誌『エル』に認められデザイナーに転身。

ドロテ・ビスジャン・キャシャレルミッソーニなどでプレタ・ポルテのデザイナーとして活躍。

初のコレクションは1964年で、1960年代のニュー・プレタ時代を開く先駆者となった。

半円形の財布のようなポケット、ラベルの下がったロング・ジャケットなどの数々のアイデアは、パリに新しい波をまき起こし、アップ・トゥ・デイトなカジュアル・ルックを数多く発表し、「パリのマリー・クワント」と讃えられた。

クレアトゥール・ド・モード社から、1970年にエマニュエル・カーン自身の名で商品が初めて販売された。以後、オートクチュールにはない、活動的で、誰が来ても似合う服、何年来ても流行遅れにならない服などを目指している。

デザイン領域は、婦人服に限らず、ランジェリー、スポーツウェア、メンズ・ウェア、ニットや皮革製品、アクセサリー、傘、眼鏡にまでおよんでいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php