カットビーズを飾ったドレス(ルリ・落合)

この記事は約3分で読めます。

カットビーズを飾ったドレス(ルリ・落合)

このページでは「婦人画報」1967年1月号、34頁・35頁に特集された「お正月の晴着」から「カットビーズを飾ったドレス」をご紹介しています。

撮影は藤井秀喜、デザインはルリ・落合です。

特集リード文

わに織られたジャージーの特徴をいかして、そのまま体に巻きつけ、ウエストをルーズにフィットさせたドレスです。シンプルな身頃を基調に、袖の長さは好みによってえらんでください。夕刻からのドレスらしく、お顔の近くにビーズ刺しゅうで華やかさと、立体感をだしたものです。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、35頁

特集リード文批評

ウエストをルーズにフィットさせるとは、対語を併記しているので一瞬わかりにくいですが、ウエストのフィット感を緩めにすること。当時らしいミニのワンピースドレスが颯爽とした雰囲気で着られています。

輪の状態に織られたジャージーという点が難しいです。輪に編まれた、とすべきか…。

写真では見えにくいのですが、後のリード文から、いくつかの場所にビーズがちりばめられていることが分かります。

ピンクのドレスとブルーのドレス

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、34頁。

リード文

ピンクのドレス きゃしゃな肩をむき出しにしたドレスは、同色に染めた駝鳥の羽のストールが可愛いアクセサリーです。

ブルーのドレス 今年はこんな小さな半袖も流行です。袖口にもビーズ刺繍をしました。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、35頁

リード文批評

ルリ・落合の作品はなぜかワクワクします。ピンクのドレスもブルーのドレスも、当時の宇宙服か衛生服(ナース服)を想像させます。手袋をつけて安定感をもたせています。

それにモデルの表情が良いです。ルリ・落合のモデルはいつもこんな具合。ニコニコ笑っています。動きやすい服なんでしょう。それとも、笑顔を拾うのが上手いデザインなのでしょうか。とくにピンクのドレスのモデル、小悪魔的な表情が堪りません。

不思議なのは靴。同じ特集で他のデザイナーたちの写真では黒靴が多いのですが、こちらはベージュっぽい色で明るいです。アクセサリーにも言及する、このデザイナー独特のトータルコーディネートを感じます。もっとも、小沢喜美子デザインの記事にも、このモデルと靴が登場しますが。

黄色いドレス

黄色いドレス

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、35頁。

リード文

黄色いドレス 優雅な長袖はどなたも着やすいものです。細っそりと長くつくった毛皮の衿まきは、自由なアクセサリーになります。

出典 「婦人画報」婦人画報社、1967年1月号、35頁

リード文批評

先ほどの作品と違って、こちらは長袖。

他のデザイナーたちの写真に比べて、躍動感があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php