モード史を知るためのマストブック

ドロテ・ビス:シースルーニットを考案したデザイナー

パリのセーヴル通りにあるドロテ・ビスの店舗。 パーソン
パリのセーヴル通りにあるドロテ・ビスの店舗。 via Dorothée Bis - 1-paris.com
この記事は約1分で読めます。

ドロテ・ビス(Dorothée Bis)は、デザイナー兼バイヤーのジャクリーヌ・ジャコブスン(Jacqueline Jacobson)と夫エリー・ジャコブスン(Elie Jacobson)が経営するフランスのニットウェア会社。

2人はフランス既製服の推進者として知られ、トランスペアレント(シースルー)のニットを考案し、ホット・パンツ流行(1969年)の仕掛人ともいわれています。

色使いは多彩をきわめ、ミニ・スタイルとミディ・コートの組合せに新鮮さを出し、ささやかなアクセサリーひとつにも眼を行きとどかせたトータル・コーディネーションに定評がありました。

店頭の椅子に腰かけた実物大の縫いぐるみ人形はよく知られ、店のトレードマークになっています。

お気に入りを探す

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php