大学時代にやってほしいこと!

欲望の翼(王家衛の映画):後半でテンポと磁場が変わる地殻変動

「欲望の翼」は鳥に見立てられた男の半生記を描いた映画です。ウォン・カーウァイの監督2作目で、1990年に香港で封切られました。 映画批評
ウォン・カーウァイ監督「欲望の翼」香港、1990年。

「欲望の翼」は鳥に見立てられた男の半生記を描いた映画です。ウォン・カーウァイの監督2作目で、1990年に香港で封切られました。原題は「阿飛正傳」、英題は「Days of Being Wild」。

2018年2月にBunkamuraル・シネマほかにてデジタルリマスター版が公開されました。

キャスト

「欲望の翼」は鳥に見立てられた男の半生記を描いた映画です。ウォン・カーウァイの監督2作目で、1990年に香港で封切られました。

ウォン・カーウァイ監督「欲望の翼」香港、1990年。 (c) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

前半の物語:もたもたした複数の恋

本作はまるで鳥の翼のようにバタバタと人の欲望が舞っている様子が、とても野性的に描かれた作品であます。飛行中に鳥がぶつかり合わないのと同じで、それぞれの欲望は交差することなく常にすれ違い続けます。

映画は、東南アジアのジャングルが映し出された後、定職に就かずブラブラしている男ヨディ(レスリー・チャン)が、サッカー場の売店で働くスー・リーチェン(マギー・チャン)という女にナンパするところからはじまる。

ヨディがスーを口説くセリフは「1分だけ一緒に時計を見つめよう」といったもので、男は時間の共有を女に強制させる。そうして幾日か過ぎた日に、スーはヨディに身体を預ける。時間を共有しようと誘うヨディの口説き方は、繰り返し映し出される時計の映像とともに、段階的な物語が展開されるのではないかと思わせるかのように、この作品に魔法をかける。

しかし実際は、ヨディがスーとダンサーのミミ(カリーナ・ラウ)を二股にかけていて、恋の進行すらままならない状態が続く。そして、スーに惹かれるタイドや、ミミを気に入っているヨディの幼なじみは、ヨディの無鉄砲さに憧れる一方で好きな女に行動を取ることができないでいる。

繰り返し映し出される時計の他に、作品の中心となるヨディを阿飛というニックネームで「脚のない鳥」とみたてた暗示も粘っこい。「飛(飞)」とは飛んだり舞ったりする意味だけでなく、ずば抜けているとか意外であるといった意味ももっていて、ヨディと作品展開の両方を示唆していると思う。つまり、ヨディの行動だけでなく、場面展開も意外性があって面白い。

みどころ

ウォン・カーウァイの監督2作目となる「欲望の翼」は鳥に見立てられた男の半生記です。

人生の不安や都会生活の退廃感を打開すべく、自分勝手な主人公ヨディと彼を憎みきれない友達4人がエネルギッシュに動き回ります。前半と後半でテンポと磁場が大きく変わる地殻変動が心地よく、キャストたちの表情や言動がとても活き活きしています。

前作「いますぐ抱きしめたい」に描かれた都市的な暴力とは違って、肉体的な暴力はもちろん精神的な暴力もタカが外れたように羽ばたいていています。あたかも一義的な意味から自由になっているかのようです。しかし、後半では自由とは不自由のことだとわかります…。

「欲望の翼」は鳥に見立てられた男の半生記を描いた映画です。ウォン・カーウァイの監督2作目で、1990年に香港で封切られました。

ウォン・カーウァイ監督「欲望の翼」香港、1990年。 (c) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

阿飛

原題「阿飛正傳」の「阿飛」は中国語でチンピラ、あるいは社会的に属するものがない破落戸(ゴロツキ)の意味。「阿飛正傳」は1955年に公開された映画「理由なき反抗」の香港公開タイトル。

1960年代香港に暮らす若者たちの屈折と反抗心。家から飛び出していく青年たちをテーマにした映画が当時は大流行。

「阿飛」と呼ばれる主人公ヨディの半生は文字どおり半生しか描かれていません。辛うじて青年期までの状況が示されるのは、義母が彼に出生と幼少期の秘密について語る箇所だけ。

ヨディはフィリピンの実母の家を訪ねるものの接触を拒否されます。他方で、ヨディはサッカー場の売店で働くスー・リーチェン(蘇麗珍)とダンサーをしているミミという二人の女と勝手気ままに付き合い、彼女たちからの愛を拒否し続けました。

その結果、スーに憧れる警察官タイドや、ヨディの幼馴染みでミミに惚れているジャッキーもヨディに翻弄されます。

Wong Kar-Wai, "DAYS OF BEING WILD"

Wong Kar-Wai, “DAYS OF BEING WILD”, (c) 1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited All Rights Rserved.

後半で磁場が変わる

ところが、後半でヨディを取り巻く地場が一気に崩れます。

ヨディが実母をフィリピンへ訪ね、時を同じくして、それまでミミに告白できずにいたヨディの幼馴染みは彼女に告白しました。タイドは警察官を辞め、かねてからの願いだった船乗りへ転職しました。

そしてミミはヨディを追ってフィリピンへ。

気づけば、スー・リーチェンだけがサッカー場の売店で働き続けています。

ヨディはフィリピンでもチンピラ的な生活を続けます。「母」という存在が大きく影響を与えていることが分かります。そして、自由気ままだったヨディは、実は「母」の記憶・存在によって大きく制限を加えられた「不自由な鳥」として描き直されています。

まとめ

「強さ」と「弱さ」は見る角度が違うだけで実は同じものだということを、この作品はヨディに体現させています。

人のとる自由や勝手というスタンスが、人生の「脚」である幼少期の「欠落」の代償となっている、いわば「子供の頃のトラウマ」という物語をこの作品も踏襲しています。

それだけでは新しいものでも珍しいものでもありません。

「トラウマ」をサディスティックに描く映画が多いなか、この作品の醍醐味はその「欠落」を悲しいまでにマゾヒスティックに描いている点です。スーやミミからの愛を拒否し、ヨディは彼女たちを半狂乱に追い込むのですが、最も痛みつけている相手は自分自身です。この作品から手に取るように分かるでしょう。

サディスティックな行動はマゾヒスティックな性格に裏付けられたものに過ぎません。レスリー・チャンの名演はそのことを強く教えてくれます。

この作品は「母」という存在が縦軸となり、友達や恋人たちが横軸となった時間をもっていて、縦軸に拒否され脚を失った鳥が平面的に旋回ばかりを続ける話ともいえます。

関連リンク

欲望の翼[AmazonDVDコレクション]
欲望の翼

コメント

最新記事をメールで受信

記事の更新をメールで受信される場合にご登録ください(仮登録→登録の2ステップです)。2019年の3ヶ月間の1日平均更新数は3通です。プライバシーポリシー

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php