新しいファッション史

モードの世紀は、人類のファッション史をまとめ直し、躍動感ある歴史を描きます。
主にフランス、イギリス、イタリア、アメリカ、中国、台湾、日本に注目します。

これまでのファッション史は西洋か日本か、意味不明の二項対立に固執しました。
和洋。何て厚かましい言葉でしょう。

詳しく読む

企業の方へ : 講演会・研究会の実施およびご寄付について

無料の写真: 教室, レクチャー ホール, 大学, 教育, 学校 - Pixabayの無料画像 - 1699745
履修生の方へ
スポンサーリンク

講演会・研究会の実施

運営者の岩本真一は大学非常勤教師の仕事に従事しており、30代半ばから約10校の大学へ授業を行ってまいりました。したがって、特定の大学の内部事情を知らない半面、色んな大学の学生諸君の性格や大学のカラーなどには、かなり具体的なイメージを持っております。

そこで、企業の面接採用にいたる就職活動において第三者的な立場から助言を行なうことができます。中長期的なコンサルタントとしてではなく、短時間で意見を提供するものです。そのような研究会・講演会を催して頂ければ、積極的に引き受けさせて頂こうと考えております。

運営者岩本真一は今まで教えた約10の大学の全てで「学内最強の授業トーク」と称され、授業内容からも脱線からも笑いを取れる教師として、各大学の学生間で高く評価されてきました。その代表例が「同志社学生新聞」に2年間掲載されたことを挙げられます。また「業績」「経歴」をぜひご参照ください。

このようなトークも活かしつつ御社のご心配になる特定大学の学生の傾向や、大学時代の生活傾向などを分かりやすく比較してご説明できます。お気軽に下記フォームからご依頼下さい。研究会・講演会の形式・金額棟につきましては追って話を詰めていきたいと考えております。

寄付のお願い

「モードの世紀」は従来のファッション史以上の深さを持った記事を御提供してきました。

これらの一部を大学の講義資料として活用しているため、大学生によく利用されています。したがいまして大学生は当サイトに記された企業名を好意的に捉える傾向が強いかと考えております。

そこで「寄付のお願い」に記したようなアマゾン・ギフト券などをつうじた寄付をして頂きますと、当サイトの上方または下方の定位置に寄付企業様の一覧を掲載したいと考えております。大学生の目によく触れる寄付企業への印象は必ず良いものです。

当サイトの記事は、数多くの映像資料・音楽資料・図書資料・雑誌資料などを駆使し、膨大な記事を書きあげてきました。しかし、多くの資料は私費で購入していることと、運営者の岩本真一が大学非常勤教師の仕事に従事していることとによって、サイトの財政難は避けられておりません。

このような状況を少しだけでも打開するために、当サイトは15円から寄付を募っております。もしご寄付を検討して頂けましたら「寄付のお願い」のページで、方法をご検討下さるようお願い申し上げます。寄付の種類は3点を事例に上げております。

いずれの種類でも送信者情報を「メッセージ」に記せますので、社名およびそれを証明するドメインのメールアドレスをご記入ください。それをもって会社からのご寄付を頂いたリストに掲示させて頂きます。

モードの世紀

運営:岩本真一

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php