この冬ELLEがお届けするお出かけアイテム
小規模仕立業者の経営から読み解くファッションの社会経済史

紀元前から明朝期までの冕服はゆったりした漢服で、立領と大襟は満州族の旗袍と同じ要素ですが、ゆったりした小袖でした。

出版社ページの「著者メッセージ」にて自著『近代日本の衣服産業-姫路市藤本仕立店にみる展開-』の面白みを紹介しています。

みてみる

clothing chinese emperor ming dynasty

この記事は約0分で読めます。

紀元前から明朝期までの冕服はゆったりした漢服で、立領と大襟は満州族の旗袍と同じ要素ですが、ゆったりした小袖でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
footer-insert.php