Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

キャット・ウーマンの衣装 : ミシェル猫とハル猫の比較

シェアする

広告

キャット・ウーマンの衣装

キャット・ウーマンの衣装 : ミシェル・ファイファー版とハル・ベリー版の比較 キャット・ウーマンの魅力は夜に活動する怪しい雰囲気にあります。バットマンと共演するバージョンでは彼とくっついたり離れたり、人間関係(あるいは動物関係)も映画の味を出しています。

このページでは、ミシェル・ファイファーとハル・ベリーがキャット・ウーマンを演じた映画2本から、キャット・ウーマンの衣装を比較して、特にミシェル版の魅力を引き出します。キーワードは露出度ラテックスです。

キャット・ウーマンを演じたハル・ベリーとミシェル・ファイファー。

キャット・ウーマンを演じたハル・ベリーとミシェル・ファイファー。 (c) 2004 Village Roadshow Films (BVI) Limited. (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

映画の基本情報

キャット・ウーマンを知ったのはハル・ベリー(Halle Berry)主演の映画「キャット・ウーマン」(Catwoman)でした。この映画は2004年に公開されました。

その後「バットマン・リターンズ」(Batman Retorns、1992年公開)を見てミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)のキャット・ウーマンにも惹かれました。

以下では、ハル・ベリーの演じるキャット・ウーマンをハル猫、ミシェル・ファイファーの演じるキャット・ウーマンをミシェル猫と呼びます。

ミシェル・ファイファー出演「バットマン・リターンズ」とハル・ベリー出演の「キャット・ウーマン」のDVDパッケージ。

ミシェル・ファイファー出演「バットマン・リターンズ」とハル・ベリー出演の「キャット・ウーマン」のDVDパッケージ。いずれのパッケージも (c) Package Design & Supplementary Material Compilation (c) 2005 Warner Bros. entertainment Inc. Distributed by Warner Home Video Inc.

キャット・ウーマンの雰囲気と衣装

二つの映画の二つの猫らしさ

ふつう、俳優は人間の動作をします。それで、ハル猫では、まず今まで見たことのない猫の動きに驚き、かっこいいと思いました。この映画でハル・ベリーの健康そうな体型や表情にキャット・ウーマンのイメージが結びつきました。戦闘場面が猫らしい、快活な印象です。

キャット・ウーマンの衣装 : ハル・ベリー演じるキャット・ウーマン

ハル・ベリー演じるキャット・ウーマン (c) 2004 Village Roadshow Films (BVI) Limited.

ミシェル猫でも同じく動きが猫らしいものになっていますが、快活な動きに活かされている訳ではありません。戦闘していない場面の方がむしろ猫らしい。

ミシェル・ファイファーのセクシーな風貌が戦闘以外の場面で上手く活かされています。また、夜の暗い怪しさがミシェル猫では強く醸し出されています。元々ハル猫に惹かれた私はミシェル猫に新しい魅力を感じました。

キャット・ウーマンの衣装 : ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

二つの猫らしさにみる女性上位

二つの猫らしさは、似た場面でも少し違いが出てきます。まずはハル猫。これは戦闘で相手を倒した時の場面。戦闘能力で圧倒したように写されています。

ハル・ベリー演じるキャット・ウーマン

ハル・ベリー演じるキャット・ウーマン (c) 2004 Village Roadshow Films (BVI) Limited.

これに対してミシェル猫は、ハル猫と状況が異なりますが、バットマンに馬乗りになって告白するモード。

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

ハル猫は映画で正義として登場しますが、ミシェル猫は揺れた正義を背負っています。その辺りの違いが馬乗り(騎乗位)場面の違いに現れているように思います。ミシェル猫の不安定さは衣装に施された継ぎ接ぎの縫い目にも現われていて、多重性人格を思わせます。

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

露出度の違い

両者の動きは同じとして、決定的に違うのは衣装です。ハル猫では健康そうな体格を反映して露出度の高いコスチュームになっています。もっとも、黒色レザーのジャケットやコートを来ている場合もありますが、基本的な衣装は黒色レザー地のビキニと長ズボン、ツーピース仕様です。

ハル・ベリー演じるキャット・ウーマン

ハル・ベリー演じるキャット・ウーマン (c) 2004 Village Roadshow Films (BVI) Limited.

これに対してミシェル猫は露出度がかなり低くなっています。黒色ラテックス地のスーツ。ワンピース仕様です。この露出度の低さの分、暗い怪しさがよりセクシーな印象を与えていると感じます。(マスクは両猫とも同じ程度の露出です。)

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

ミシェル猫スーツにみるラテックス素材の特徴

ミシェル猫のスーツは艶出しをしています。生地はゴム製でシリコンを塗っているのでかなりタイト。スーツに縫いつけられたコルセットはミシェルを締めつけます。

着た当初にミシェルは演じられないと愚痴っていましたが、コルセット部分を作ったフィル・レイノルズはこれまでバレエ衣装やオペラ衣装にコルセットを作ったキャリアがあるので、やがてミシェルにも馴染んだようです。

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

このスーツのゴム生地はラテックスと呼ばれるもの。ラテックスは天然ゴムや合成ゴムをエマルジョン化や乳化して作られます。

ミシェルがドン引きした強烈な締め付けから、このキャット・スーツはボンデージ・スーツともいわれます。エスエム・プレイ(SMプレイ)、とくにゴム・フェチやラバー・フェチの方々のラバー・プレイやラテックス・プレイの代表的な衣装または衣装素材です。

SMプレイで女王様役(S役・サド役)を務める人たちもこのボンデージ・スーツをよく着ます。この点、ミシェル猫のもつ複雑な性格をS役も務めているのかと思います。女王様こそ最高のマゾである所以です。この種のスーツをよく着る有名人はアメリカの歌手マドンナですね。服の締め付けと情念の熱さとの対照性からウォン・カーウァイ監督「花様年華」を思い出します。

ラテックス素材の商品例

たとえば、楽天市場では次のような商品があります。ラテックス地のマイクロ・ミニスカートとラテックス水着。

アマゾンでは次のような商品があります。AvaCostume提供。1点目はラテックス地の長いブーツというかストッキングというか…。2点目は全身を覆うラテックスのキャット・スーツ。

キャット・ウーマンの尻尾

最後にハル猫とミシェル猫の尻尾について確認しましょう。ハル猫もミシェル猫も尻尾がありません。これは「バットマン・リターンズ」で考えられた発想で、尻尾の代わりに鞭を使い、尻尾のように見せて武器にしたものです。ミシェル猫は鞭を背中に刺して携行しています。

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン

ミシェル・ファイファー演じるキャット・ウーマン (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

おまけ : 自分のコスチュームを作るミシェル猫

「バットマン・リターンズ」ではキャット・ウーマンが自分の衣装を作成する場面が出てきます。映画のキャラクターが自身のコスチュームを作る場面って、かなり珍しいですね。簡単に追ってみましょう。

瀕死の状態になっている所を猫たちに救われ、キャット・ウーマンとして目覚めたセリーナ・カイル(ミシェル・ファイファー演)

瀕死の状態になっている所を猫たちに救われ、キャット・ウーマンとして目覚めたセリーナ・カイル(ミシェル・ファイファー演) (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

ミシェル猫の本来のキャラクター「セリーナ・カイル」はビルから落とされて瀕死の状態になっている所を猫たちに救われ、キャット・ウーマンとして目覚めます。帰宅後にセリーナは自分のスーツを作り始めました。

ラテックス地の裁断中。

ラテックス地の裁断中。 (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

まずはスーツや手袋などの生地となるラテックス地をハサミで裁断します。といっても、パターン(型紙)もなく無造作に、切る、切る、切る。

次いで手袋らしい、裁断済みの衣装を手で縫い始めます。これもかなり無造作…。ひたすら縫う、縫う、縫う。

ラテックス地の手袋を無造作に縫う。

ラテックス地の手袋を無造作に縫う。 (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

彼女のスーツの縫目が無造作だった点が多重人格を示すと冒頭に述べました。縫っている最中のこの場面をみると、地味で真面目な秘書がブチ切れて乱暴になった面がよくわかります。

といっても、手袋はいざしらず、手縫いでスーツとなると何時になっても終わりません。そこで登場、ベルヴェデーレ(ベルヴェデール、BELVEDERE)社製の電動式ミシン。

ベルヴェデーレ社製ミシンでキャットスーツを縫うセリーナ・カイル

ベルヴェデーレ(BELVEDERE)社製ミシンでキャットスーツを縫うセリーナ・カイル (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

このミシン会社は1950年代・1960年代頃にアドラー社(Adler)と合併していることは分かりましたが、それ以上のことが文献でもネットでも分かりません…。

ミシンでスーツを縫うセリーナの表情は時として虚ろ。手、ミシン、光悦の表情からはウォン・カーウァイ監督「若き仕立屋の恋」を思い出します。

最後は手袋の爪つけ。キャット・ウーマンのネイル・アートは鉄です、鉄。

武器となる爪を付けるセリーナ。

武器となる爪を付けるセリーナ。 (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

こうして自作キャット・スーツができました。ブーツの作成やスーツのディテールなどは、裁縫映画ではないので省略されていますが、ワンクッション入った面白い場面でした。

入浴中のキャット・ウーマン。

入浴中のキャット・ウーマン。 (c) 2005 Warner Bros. Entetainment Inc.

長々とお読み頂きありがとうございました。風呂に入ってお休み下さい♪